自作備忘録(カスタム IEM 自作)

イヤホン カスタム iem 自作

beyerdynamic xelento カスタム①

以前、兄弟機であるAKのT8IEに取り組んだ事がある。

 

http://domingo55.hatenablog.com/entry/2018/06/28/075735

 

ジャンク品を購入して治そうと試みたわけだが、ボイスコイルがおかしいという結論に至り挫折していた。

f:id:domingo55:20200608074622j:image

分解時の注意点は上の分解図には記載されていない部品が何個か存在している事。

f:id:domingo55:20200608075415j:image

先ずはMMCXコネクタからドライバまでが、配線ではなく、配線シートになっている。

筐体の殻割の際、注意しないとドライバの配線を切りやすい。多分、知らずに分解するとヒヤツとするはず。

f:id:domingo55:20200608075442j:image

次に。。。

上の写真はT8IEを分解した時のもの。ドライバ前面に、音響部品が入っている。とても重要な示唆に富む部品なのだが、存在自体が示されていない。過去に記事にしている。

http://domingo55.hatenablog.com/entry/2019/06/09/001728

また、筐体が物凄く柔らかい。ニッパーで砕いた時にその柔らかさにかなり驚いた。

d( ̄  ̄)

 

さて、こんなイヤホンなわけだが、どうやって使うかが大いに悩ましい。

先ずは、耳からポロポロ落ちる。私がイヤーピースに慣れていない、イヤピースの知識がない事も大きな理由だが、外で気持ちよく使える気がしない。

f:id:domingo55:20200608080629j:image

先ずは、宣材でよく使われている写真。とても格好良く装着してあるが、これは浅すぎ。もっと深く挿入しないと密着は得られていないと思う。

f:id:domingo55:20200608081115j:image

最低でもこのくらいは押し込む必要がある。

まぁ、それ自体は問題とはならないが、気をつけたいのがケーブルの取り回し。写真矢印の部分で耳と頭に密着するのではなく、結構隙間が空く。

まぁ、ここは水分に弱い部分でもあるので汗対策にはなり得るが、見た目注意したい。

 

 

そんなこんなを考えながら。。

f:id:domingo55:20200608081302j:image

カスタムシェルを用意した。

さてと、どうするかな。d( ̄  ̄)

 

 

 

xelento 購入

f:id:domingo55:20200606191547j:image

我慢できずに買ってしまった。ベイヤーダイナミックのxelento remote。

片耳イヤホンの中古がちょうど、たまたま左右揃っており、試聴もせずにイーイヤの通販で買った。

まぁ、買い方としては最安だったと思う。

 

f:id:domingo55:20200606191703j:image

早速試聴。

ケーブルもイヤピースも無いため、手持ちの材料で接続した。イヤピースは、スピンフィット。

 

良いな。やはり良い。

(^ ^)

10ミリクラスのドライバのため低音はあまり無いのでは?と思っていたが、十分に力量がある。全体の解像度や空間も申し分ない。

DITAのdreamに比べると、透明感が劣るが、xelentoの方が私の好みに合っている気がしている。

 

f:id:domingo55:20200606192057j:image

自身のイヤホンと比較試聴。

出音は意外なほど差がないと思う。但し、ハイブリッド構成としているため、上下のレンジは私のイヤホンの方が広い。低音もより低い所にピークが来ている。

対してxelentoはレンジは狭めなものの、全くそれを感じさせない。中域が鮮明で前に出てくるのも大きな特徴。

んで、聞いた感じどうかというと、すごく楽しい。ノリの良い曲をガンガン聴きたくなる。

本当に楽しい。(^ ^)

 

f:id:domingo55:20200606192534j:image

さて、どう料理する?

カスタム化する?そのまま使う?

そのまま使って、これを基本の音にしてしまっても良いとは思う。

d( ̄  ̄)

 

 

 

 

 

チューニング難しい

やはり難しい。

低音がセンターにこない。ちょっといじるだけで、右に行ったり、左に行ったりする。

 

f:id:domingo55:20200604200026j:image

結局、仕事終わって帰ってからどんなに疲れてても、我慢できずにいじる日々が続いている。

 

音導管の長さを調節してみるか??

もっと大胆にシェルを切り込んでみるか?

ひょっとしてドライバが壊れてるんじゃないか?

などと考えがまとまらない。

 

冷静にならないとな。。

いや、もうこの子は置いておいて、新作に行くか??d( ̄  ̄)

 

 

 

答えのないブログでした。

 

たぶん3号機⑦

組み上げてから約2週間が経過した。

レジンの硬化に伴ってだいぶ音が落ち着いてきた。

今回は星の滴でシェルを作ったが、内部の充填には太陽の滴を使った。

このため、これまでと大差なく、2週間程度で音は激変した。低音がグッと締まって、高音域の歪みも少なくなる感じ。

 

f:id:domingo55:20200530231858j:image

特にカナルの先端部にTWFKを配置したので、物凄く高域の広がりがある。

初めてイヤモニを使った時に、音の広がりが凄く、酔うような感じがした方もいると思うが、それと似た感覚があった。空間が広がりすぎて、感覚がビックリして気分が悪くなる感じ。決して刺さったり高音の量が過多になる感じではなく、すごく沢山の細かな音が耳に入ってくる感じ。

少しやり過ぎたかな?とも思ってしまった。

 

f:id:domingo55:20200530231645j:image

そこでフェイスプレートを外し、ダイナミックドライバ背面の穴を少し開放した。

また、それに伴って筐体にも音抜き穴を開けた。今回は0.4ミリ。十分に低音が出るようになった。

 

全体の出音は、

低音を強調したため、高音域の極端な空間が落ち着き、全体にとても聴きやすくなった。と言っても、空間の広さは上も下も物凄く感じることができる。私のこれまでに作ったイヤホンの中でもピカイチだと思う。また、空間が広い分、音が広めに配置されて中域付近の見通しも良い。

すっごいワイドレンジだと思う。16ミリドライバと、高域用BAの組み合わせは、最強かもしれない。

 

ただ、こうなってくると、中域の音の粒立ち?弾ける感じ?がもう少し欲しい。今の音はワイドレンジなのだが、全体にしっとりと落ち着いている。これはこれで物凄く良いのだが、「刺激」は弱い。5ミリのダイナミックドライバ単発でイヤホンを作った時は、レンジは広くなかったのだが、この中域の弾ける感じは素晴らしかった。

中域用のBAを調整すればもっと変わるかな?音導管の調整を詰めていけば、結構変わる予感がある。

f:id:domingo55:20200601073901j:image

少し時間をかけて、磨き込んでみた。

まぁ、綺麗にできたな。

 

しかし、中域はBAドライバをやめて、小型のダイナミックドライバにするとどうなるのだろう??

次回作のヒントはこの辺りにあると思う。

d( ̄  ̄)

色々試聴

ベイヤーダイナミックのxelento。

以前のブログにも書いていたが、めちゃ惚れ込んでいつかは買おうと決めていた。

f:id:domingo55:20200530153931j:image

価格が下がってきており、買う気半分で試聴した。

流石に良いのだが、、、最近の自分のイヤホンと比べるとあまり差を感じなかった。カスタムイヤホンと比べて差がないというのは、かなりすごいのだけれども。。。購入意欲はどうしても維持できなかった。

比較したのは、写真のXBA H3。16ミリのダイナミックドライバらしくかなり下まで出るのだが、xelentoの方が低温の量は多かった。しかも私のイヤホンよりピークがもう少し高いところにあった。10ミリドライバの平均的なピークより若干低いく、大いに楽しい。

高音域はほぼ同等。xelentoの方が中域のキャラが立っていた。明瞭で音の角が立っている感じ。好ましいのか、ダメなのか、、試聴に時間をかけてみたがその正体を理解することはできなかった。買ってじっくり弄らないと分からないとは思う。。

悩みまくったあげく、購入には至らなかったが、いつかは買いたいと思う。

 

これからも色んなイヤホンを聴くのだと思うが、もう簡単には買えないかな。既製品では何を聴いても劇的な魅力が感じられなくなってきた。。。「これなら作れるかも」って考えてしまう。

 

 

f:id:domingo55:20200530194013j:image

続いて新製品DAPをいくつか聞いた。

先ずはfiioのM15。(写真は撮り忘れた)

鮮烈に聞かせる感じ。fiioの音やなぁと素直に思える。だが中域から高域にかけて妙な機会っぽさを感じてしまった。解像度感を出すために、ちょっとやり過ぎ?それと、筐体が大きすぎかな。

 

次に、個人的には否定的なイメージのAKの新製品。SR25。

これは、、良かった。fiioを聞いた後に聞くと、一枚上手な音作りだと感じた。音が自然で変な脚色がない。また、音の後ろの空間が静かで、音楽に入りやすかった。大きさも手頃だし、再生時間も長い。耐久性が大いに不安だが、外で使うなら悪くはないと思った。

qp2r と比較すると大人しい音かな。qp2r は暴れん坊って感じ。

 

f:id:domingo55:20200530194700j:image

最近暑くなってきて、ジャケットを着ない。DAPを入れる場所が限られるため、ケーブルが面倒になる。どうしてももっと手軽に聴きたくなる。

そこで、カスタムイヤホンで使いやすいデバイスを試してみた。FiiO FIO-UTWS1。

fiioの音なのだが、M15ほど脚色がない。変な音がするかなと予想していたのだが、まぁ普通に聴ける感じで不快感はない。パワーが無いのか低音がものすごく無くなるが、このデバイス用にイヤホンでチューニングしてやればそこそこな音で聴けると思う。音の粒だちがiPhone的にカリカリしているので、チューニングは難しくないはず。

だが、ボリュームがとてもとりづらかった。私の場合、iPhoneのボリュームを最大近くにしてやらないと楽しくなかった。

このため、安かったのでちょっと欲しかったが、買わなかった。

 

f:id:domingo55:20200530195632j:image

以前から探していたイヤホンに出会えた。

イオニア製という以外、詳細は分からない。

以前、ジャンクで購入したことがあり、意外に音がしっかりしている事に驚いた品。ドライバは12ミリ程度あり、低音の質感が好ましいと感じられる。

ハイブリッド用に低音だけを抜き出して使うつもり。10ミリだと下が出ないけど、16ミリだと下すぎるかな?って時にバシッときそう。

今日はこれを買えたので、合格としたい。

d( ̄  ̄)

 

 

f:id:domingo55:20200530201310j:image

コロナが解けて、現場に出ることが増えてきた。

瀬戸内の海が見えた。このまま穏やかにすぎるといいのだが。。。

 

まぁ、とにかくイーイヤに行けるのはいいな。

d( ̄  ̄)

 

 

 

音の求め方

また、抽象的なタイトルをつけてしまった。

どんな音を求めて、その結果としてどんな風に「耳か育つのか」考えてみたい。

 

 

音楽に対する嗜好は変化していく。触れる音楽によって、欲しいと思える音は変化していく。

ハードロックが好きな時代は音はなんでもよかったように思う。ジャズ的な手法に触れた時代にはじめて細かな音に関心が向いた。また、ドラムという楽器を演奏するためにベースラインには特に注意を払うようになった。そんな経緯から、イヤホンを作り出した時期には、ベースラインを主体とした低音を気持ちよく聴くことを重視していた。

 

低音主体。ねちっこく、重厚であればあるほど、低音楽器の音は耳に入ってくる。だが、中域から高域の魅力は随分失われていたと思う。いまなら、変なバランスだと思うが不思議と不満を感じなかった。

この時代は、ダイナミックドライバを限界まで多く詰め込んだような多ドライヤホンに夢中だった。

 

次に空間の広さに関心が移った。同時に中域から高域への関心が少し高まった。

この頃はダイナミック単発にこだわっている。単発ゆえに音の自然さが際立っており、バランスが良かったと思う。だが、まだ聴いている音、求める音は「低音」だった。

 

その次に、16ミリドライバに取り組んだ。ベースラインの下の低音を聞き出すと、聞く音の嗜好が変わってきた。低域の空間が整理されて、低音楽器の音が掴みやすくなり、低音の音量が小さくても満足できるようになったと思う。最近の作品を見ると、以前の作品に比べ低音の量が随分少なくなっている。

低音の量が少なくても良くなったおかげで、やっとで中域から高域への関心が高まってきた。

 

特に高音域の質は、追求すべき課題だと思う。

例えば、ダイナミックドライバとBAドライバ、intimeのセラミックツイーター等は全て違う鳴り方がする。

音楽的に、どれが良くてどれがダメなのか、私にはまだわからないのだが、生っぽい音、エフェクトがかかったような音、鋭い音、柔らかい音。

同じハイハットの音でもこんなに違うのかと驚く。。

f:id:domingo55:20200527123444j:image

 

ここまでふりかえってみて、

その時の音楽的関心の高い音。つまり、刺激を求めて刺激的なイヤホンに傾倒していたことがわかる。「良い音」の定義は曖昧なくせに、だからこそ刺激が強いと楽しく感じられてきた。

だが、イヤホン作りの知識が増えるに従って、少しづつ求める音も変わってきている。

この過程を通じて、耳が育っていくことを信じて。。d( ̄  ̄)

 

でもやはり、音楽は「中域」なんだろうな。

そんな予感がある。

 

 

 

f:id:domingo55:20200527165739j:image

さてコロナが少し落ち着いてきた。

また仕事の日々なのだが、この間、自分の仕事の仕方について色々と考えることができたと思う。

感染予防とか、そういう視点ではなく、これまでの働き方、間違ってない???ってね。

d( ̄  ̄)

 

たぶん3号機⑥

f:id:domingo55:20200511095803j:image

10時間程度、バーンイン

ハンダ付けを伴う作業をした時には、音出し直後は音が暴れる。このため、今回は10時間程度実施した。全体に音が柔らかくなった気がする。

現時点ではダイナミックドライバ背面の穴は全閉としているため、フェイスプレートを付けていない状態でもそこそこな音がしている。

 

高音ドライバはTWFKを使っているので、どこまでも高く伸びる感じではない。ここは、intimeやSONYなどのハイレゾドライバとは違うところだと思う。

青天井で伸びる感じはないものの、その分、凄く奥まで伸びるように感じる。また、ハイハットなど高音楽器の線が太い。これはこれでアリだな。TWFKをカナル出口付近に配置したのでそのキャラが露骨に出たのだと思う。

 

中域は、現時点ではBAドライバっぽい。角が立っており、明瞭に音像を聴かせる。スポンジを使って調整すれば傾向は変わると思うが、現時点ではこのままで行こうと思う。

 

低域は、ドライバ背面を閉じてしまっているので、思ったほど多くはない。だが、そこはさすがに16ミリもあるのでかなり深いところから出ている。

また、音の出方がSONYの16ミリとはかなり違っている。ソニーの方が極低音が少ないというか、聴かせたいところが明確で、ピークが作ってあるように感じる。どちらが良いとは言い難いが、今回のドライバも正解だと思う。

また、下方向の空間がとても広い。16ミリクラスを使い出すと、10ミリクラスの低音では満足できなくなるとおもう。。。

f:id:domingo55:20200513121518j:image

だが、低音域の制振がすこし不足している。

フェイスプレートをつける前の写真は撮り忘れたのだが、ベアリングボールを片側7個づつ追加し、またレジンも沢山充填した。

低音はかなり落ち着いてきて、よく制振された輪郭の掴みやすい低音になった。

 

f:id:domingo55:20200513121734j:image

フェイスプレートをつけて取り敢えず完成。

今回は、ドライバ背面の音抜き穴を全て閉じてしまっているので、シェルにも穴を開けていない。

このため、遮音性は結構稼げていると思うのだが。。。

 

f:id:domingo55:20200513121925j:image

チューニングを進めることで、いろいろ試せると思うが、似た構成のSONY XBA H3カスタムと比較した。

どちらも16ミリのダイナミックドライバにBAドライバを組み合わせている。

 

出音はある意味、期待を大きく裏切られた。

音の傾向がとっても似ている。。。

全く同じではなく、そりゃ違いはあるのだが、チューニングの仕方によっては、どちらのイヤホンでも同じような音が出せると思う。

苦労してまで作る必要があったか?

などと、、、考えてしまう。(@_@)

 

やはり、ドライバ構成が全体に与える影響はとても大きく、似た手法で組み上げると、似たような音になるんだな。。特にハイブリッドなど、いくつかのドライバを組み合わせるときには個々のドライバのキャラクタは薄くなるようだ。

まぁ、あたりまえだが。

d( ̄  ̄)

 

 

f:id:domingo55:20200513122754j:image

さて、ハイブリッド構成は一応掴んだ気がする。

次はBAの音をちゃんと知りたいかな。

使わないかもしれないけど、一応買っておいた。

d( ̄  ̄)