自作備忘録(カスタム IEM 自作)

イヤホン カスタム iem 自作

billboard 小林香織

チケットがあたって、不意に見に行けることになった。billboard live大阪のレイトショー。 小林香織。サックスプレーヤー。 無理矢理岡山から帰ってきて、ギリギリ滑り込んだ。。 小林香織は、今まで聴いたことはあったが、音が柔らかく女性的であったため、…

チューニング シビアすぎ

カナル部のチューニング用に、先端パーツをいくつか用意した。 右が長く、一番左が一番短い。 内径、外径は共通。 右から二番目は、内部に針金を入れて、内径を調整している。半分くらいになってるかな。 低音は見事に出るようになるが、中高音を殺してしま…

新チューニングメニューと試験

低音を補強する方法として、新しいアイデアが浮かんだ。 音導管を細くすると、高音が少なくなり、結果高音が強調される。(つまり全体としては音量が下がる) 音導管を細くするのは手間がかかるが、針金的なものを挿入し、断面積の縮小を狙う手法なら時間が…

リファレンス機

リファレンス機。 音の判断の基準とできるモノと定義付けできる。 イヤホンのチューニングなどを、際限なく繰り返していると、訳が分からなくなる事があるが、そういう時に感覚をリセットするために使う。 一般には、お気に入りの音がするイヤホンを使うのだ…

アルティオ メーカーとしての良心

アルティオが、新作を発表した。 採用技術の紹介記事を見たが、とても面白かったので、感想等を書いておきたい。 イーイヤホンブログ↓ https://e-earphone.blog/?p=1317188 先ずは、s.n.aという技術。 「調整機構をノズルの中に配置することで、従来はできな…

qp2r エージング(随時更新)

なんか、音が悪い。というか、聴くたびに音が変わるし、定位感も悪い。d( ̄  ̄) 以前のような感動がないな。 基盤を交換したとの事だが、エージングが必要ってことか?? メーカー指定のエージング時間は200時間ってあったよな。。。 エージング、やってみる…

チューニング 高音対応

DITA answerカスタムのチューニングを進めている。 チューニング前は、高音域が繊細に出ていて、これはこれで他にはない気持ち良さ。だが、せっかくの気持ちの良い低音が迫力不足となる。 以前記事にした、カナル先端部を「削り込む」チューニングは、左右の…

qp2r おかえり。

修理に出してから約3ヶ月。やっとかえってきた。 修理内容は基盤の総とっかえと、ボリューム関係のパーツの交換との事。 予算は諭吉2人。痛い出費だがしかたなし。 でも、基盤総とっかえで、この価格ってことは、原価はなんぼやねんって感じ。 d( ̄  ̄) 実は…

音抜き穴と遮音性

ドライバの背面側の筐体に極小の穴を開けることで低音の特性と、高音部の伸びを変化させる事ができる。これまでに、ダイナミックドライバ機で、穴の空いていない機種を見た事がないほど、一般的だと思う。だが、この穴が曲者で、遮音性がけっこう犠牲になっ…

伏兵HS1003 チューニングの可能性

アコースチューンのHS1003。 すこし前に組んでいたもの。 この子は完全密閉で作っていたため、新幹線の中など、騒音の中で使うのに大変重宝していた。雑音が殆ど入ってこない。 また、良質な低音の量が多く、外で使うには気持ちいい。そのため、意外に出番が…

DITA answer 第二章④

組み上げた。 ちょっと高音が強めだが、だからこその空間感と解像度が気持ちいい。 かなーーり良質な高音だと思う。 少しづつ時間をかけてチューニングしていこうと思う。 てか、格好良くてお気に入り。 (^^)

DITA answer 第二章③

DITA製品の蓋は、両面テープでとまっていることが多いとおもう。前作やDREAMも簡単に外れた。 だが今回は少し硬い。それでも強引に外してやると、接着剤も入れてあった。ロッドによって?組み立て方に差があるのかもしれない。 接着剤は透明で硬いもの。外れ…

DITA ANSER 第二章②

旧作を改めて聞いてみた。 ん? んん?? んんんん??? なんで? なんでかわからんけど、治っとるやん。 見事に右耳からのビビリ音が無くなって、正常に気持ちよく聞ける。 d( ̄  ̄) これって。。 良いことのはずなのに、なんかしっくりこない。まぁ、喜ぶ…

DITA ANSER 第二章①

DITAANSERカスタム。 最近、結構こだわって組み直したもの。大変気に入って使っていたのだが、何故か右耳にノイズが混じり出した。 まるでゴミが入っているようなビビり方。低音で「ビビッ ビビッ」となってしまう。 エアで吹いたり、叩いてみたり。色々した…

イヤホンの空間の広さ

intime の轟が育ってきた。 レジンがカチカチに固まってきたのだと思う。 音の傾向自体は大きな変化はないが、雑味が減少してそれに伴って空間が異様に広くなってきた。IE800カスタムより明らかに広い。 音の深みでは、IE800の方が味があるが、十分に比較対…

T8iE 再リベンジ⑤

いきなりT8iE をバラすのは危険と判断し、いろんなユニットで実験してみた。 先ずは、ZS5の低音用ユニット。多分10ミリだと思う。以前、壊してしまったもの。 まず、ダイナミックドライバの配線は、ボイスコイルにしか繋がっていない。どんなに高級なイヤホ…

久しぶりのヒット

最近、なかなかコレっていう曲に出会えなかったので、マンネリ化してた。 Malene MortensenのアルバムCan't Help It から、「Can't Help It 」。 原曲はMichael Jackson。超有名曲だが、ジャズとして見事にアレンジされている。 サビのピアノ、ドラムとボー…

T8iE 再リベンジ④

さてと、修理方法である。 極細、とにかく細い導線をどうやって復活させるか。とても難しい。。。 方法をいくつか考えてみた。 ①普通にはんだ付け。 修復箇所からボイスコイルまで3ミリ程度しかない。 振動板も数ミリも離れてない。 まず、確実にハンダゴテ…

T8iE 再リベンジ③ 問題箇所発見

簡易的な安い虫眼鏡で配線を辿ってみた。 なんと断線箇所を特定することができた。 デザインカッターの先端あたりの箇所で、ボイスコイルへ向かう配線が、振動板を貫通する。 その貫通部あたりで、配線に途切れを見つけることができた。 振動板は、たいがい…

SONY EX650④

低音が不足したため、音導管を修正した。 現状より若干細いシリコンパイプを通して、隙間にレジンを充填するだけ。 直径は1ミリ程度細くなったと思うが、これだけで激変する。 スポンジを詰めても高音を抑えることができるが、音がこもってしまうのでできれ…

T8iE 再リベンジ②

はい。いよいよ分解です。 まず、筐体が恐ろしく「柔らかい」。 すごく軽い力でポロポロと白いプラスチックが崩れていく。感覚的には、「チョコレート」くらいの硬さ。こんなに柔らかいプラスチックを使っている例は見たことがない。 また、プラスチックには…

T8iE 再リベンジ①

どうにもこうにも、ベイヤーのXELENTOが欲しくなっている。めちゃくちゃ欲しい。 だが、ここは少し冷静になって一年程前にT8iE にチャレンジしてどうにも直せなかった事を振り返ることにする。 ドライバそのものが故障していると判断して、泣き寝入りした。 …

intime 新作について。

intime の煌。 同じくintime の轟。 オリジナルからあまり分解せずカスタム化したが、作成から数ヶ月経って抜群に楽しいイヤホンになった。 カスタムシェルに入れてガッチリ制振する事で、雑味がなくなり空間も広大になった。 IE800や、dita answerにも負け…

リッツ線のハンダ付け②

先日作ったvermilionが断線した。 リッツ線の中心にある繊維を取り除いていたせいで、強度が足りなかったのだろう。 今後、繊維を取るのは無しにしよう。 ふとハンダゴテの熱量が足りないのかと思い、古い30ワットのコテを出してきた。 いつも使っている15ワ…

不思議と嫌いになれないイヤホン③

とりあえず、ささっと音が出るようにしてみた。 ボーカルが近くなったが、空間の広い感じは変わらない。 ひょっとしたら、いい音が出ない可能性も あると思っていたが、これなら試す価値はありそうだ。 とりあえず、使えるようにした。 音導管の太さを大きく…

カスタム材料としてのイヤホン

カスタムする材料としてのイヤホンを整理したい。材料を取り上げた記事は以前もあるが、今回は最高音質を目指す為のチョイスとした。 しかし、たかが材料としてのイヤホン。そんなに散財するのも良くないと思うので、中古価格も思いっきり考慮する事にする。…

不思議と嫌いになれないイヤホン②

SONYのEX650。 やはり、異様に空間が広い。 解像度もそこそこ。これなら違和感なく聞けるレベル。低域から、高域まで変な癖もなく(ソニーの変な癖も感じない)、悪くない。 新品からこの音が出ているとしたらすごいな。 構造が知りたくなり、分解した。 特…

beat audio vermilion

中古で入手。 定価は6万程度と思っていた。 皮膜の劣化等は見られず状態は良いのだが、特殊なバランス端子となっており、格安だった。 改造が前提となるが「こんなの簡単」と思い購入した。しかし、線材がリッツ線だった。イキナリ難易度マックス。 そして、…

dirty loops

何年たっても好きなバンド。 特にドラムとベースの絡みがたまらない。 ドラムのテクニック、センス、目指したい目標だな。 そんな彼らの久しぶりの動画がアップされた。 https://m.youtube.com/watch?v=r_GTgpdoCh0&feature=player_embedded なんと、後半に…

リッツ線のハンダ付け

リッツ線のハンダ方法の正解がよくわからない。ネットで調べてもよくわからん。 (T-T) てな訳で、専門家に訊いてみた。 http://handa-craft.hakko.com/index.html ハンダゴテ等のメーカーである、白光株式会社様。 メールで問い合わせたのだが、お電話頂き、…