読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自作備忘録(カスタム IEM 自作)

イヤホン カスタム iem 自作

ホームオーディオとの比較〜結像感〜

古い友人が、カーオディオに凝っている。

おそらく数百万はつっこんでいる。

久しぶりにそんな彼と会って話せた。

 

出てくる音はもちろん素晴らしいものなんだけど、スピーカー特有の顔のすこし前に定位する感覚に違和感があった。イヤホンは脳内に結像する。慣れなのかもしれないけど、断然イヤホンが好きだな。

スピーカーを客席で聴く感じとするなら、イヤホンはプレーヤーが聞く音に違い。

声を出しても、ドラムを叩いても、感じる音は体の中心に結像する。

 

f:id:domingo55:20161025064843j:image

http://www.car-audio-stadium.net/

こんなお店で話した。

なんと、ホームオーディオもセットアップしてあって、ソファに座ってじっくり聞き込める。

 

会話は当然、音の話。

ホームオーディオの良いところは、同じ音を聞きながらその音について話せるところ。会話も弾む。

 

左右の広がりから、上下の広がり。音源の録音品質の違いによる聞こえ方。そして、会話の中心は定位感へ。

私的には、「結像感」と言いたい。

友人は、「幽霊のように、その場に演者の影が浮かび上がる」と表現した。

 

結像感は、解像度も影響するが、それだけではない。

友人は、「上下左右の広い音場の中で、パワー感のある音の粒が必要」といった。

 

イヤホンでは、多ドラ機で実現している物がある。レイラとか、そんな感覚に近かった。

耳に密着するイヤホンならスピーカーよりもパワー感は稼ぎやすい。逆に音場は狭くなりがち。

 すこし、目指すべき音が見えてきた。とても面白い時間だった。(@ ̄ρ ̄@)

 

彼のカーステが、とても良い音になったらしい。次会うのが楽しみだ。