自作備忘録(カスタム IEM 自作)

イヤホン カスタム iem 自作

JHaudio angie 解体

いよいよやってみた。

驚きと、もっと直したい点と。色々な感想が持てた。

 

f:id:domingo55:20161120234442j:image

フェイスプレートは、アッサリ外れる。

接着剤の量は少なめ。

f:id:domingo55:20161120234541j:image

白色の接着剤が汚い印象。

音導管は、基本的に2ミリ。出口付近で金属パイプに接続する。

高音域は、金属パイプを細いものから太いものへと接続させ、ホーン効果を狙っている。

音導管は、高音域のモノが異様に長い。

f:id:domingo55:20161120234822j:image

筐体の内面に沿って、ぐるっと一周。

その先に、TWFKが2発ついていた。

フィルターは無し。

f:id:domingo55:20161120235010j:image

中域は、フルレンジ2発。

フィルターはミドリ。

分けられるか?溶接してあるようにも見える。

 

f:id:domingo55:20161120235200j:image

抵抗はがっさり入っていた。

f:id:domingo55:20161120235239j:image

低域も、2発。フィルターは、オレンジ。

ソニオンかな?調べてみよう。

この構成なら、こんなに大きな筐体でなくても入ったはず。なんでこんなに大きくしたんだろう。

 

ドライバーは、レジンで固定されていたが、

とりあえず付けただけ。しっかりは固定されていなかった。

 

ドライバが、溶接されているように見えるから、意外に再生利用しにくいかもしれない。。

(@ ̄ρ ̄@)

 

今日はここまでです。