読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自作備忘録(カスタム IEM 自作)

イヤホン カスタム iem 自作

制作経過 失敗談

f:id:domingo55:20161228074226j:image

再度バラして音導管の処理を丁寧にやり直して、各ドライバの出音を確認。

音導管の長さは、なんとなくJHのアンジーを意識した。

すなわち、高音ドライバを遠く、中域は近め。低音は極細。

f:id:domingo55:20161228074600j:image

カナル先端のみ、レジンで固定。

f:id:domingo55:20161228074653j:image

余分な音導管をカットして、

ドキドキの試聴。

 

なんじゃこりゃ?

めちゃ音場が広い。

広いが、広がりの先には壁がある。した方向にも広がる。客席が段になってるホールの上の方の席で演者を見下ろしている感じ。

壁の存在を感じるのは初めて。

 

そして、解像度がとんでもなく高い。

ありきたりな表現だけど、聴こえなかった音が聞こえる。

曲の始まり、ボーカルだけで歌いだす部分で、スネアの下のスナッピーが震えている音が入っていて、驚いた。

 

だがしかし。失敗である。

中域がものすごく強い。

解像度が高く音場の広いAMラジオを聴いているみたい。

(T . T)

 

実験機と実機との差は音導管の長さ位だが、そこまでシビアなのか???

 

f:id:domingo55:20161228081930j:image

冬木立ち。ふて寝決定だ。

(T . T)