読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自作備忘録(カスタム IEM 自作)

イヤホン カスタム iem 自作

オーグライン+PT ケーブル

たくさん実験した。

ケース①

オーグラインをプラス。片耳2本、計4本。

銀より線をマイナス。片耳2本、計4本。

→キラキラしながらも、力強い。低音も適度に締まっていて、音場も広い。

ボーカルが近い。解像度が高い。

ケース①にしていきなり気持ち良い。

f:id:domingo55:20170205230640j:image

 

ケース②

オーグラインをマイナス

銀より線をプラス。

→一般に、マイナスに使う線材のキャラクターが音に反映されやすいと言われる。

なるほど、音に落ち着きが出た。金の音なのかな?ギラギラした感じがなく、低音も丸い。

空間は広くなった。

少し面白みに欠ける。

 

ケース③

オーグライン1本に銀より線1本を合わせたものを4組作り、それを配線。

→凄くクリア。低音も少なくなったわけではないが、タイトに締まる。フラットな味付け。

解像度は高い。

 

ケース⑤

オーグラインのみ。

1本づつ、計4本。

→ケース④から、雑味をとった感じ。低音も充分出ている。空間は広い。こんな細い線で、なる程の音質。

 

ケース⑥

銀より線のみ。1本づつ、計4本。

解像度が低い。元気は良いけど、雑味がある。

 

結果。

ケース①とケース⑤で悩んだ。

解像度は同等。空間も同等。音もスーーーッと澄んでいる。

低音の力量で①が上回る。12号機には①が楽しいと判断した。パンチのきいた音がほしかったしね。

 

f:id:domingo55:20170205231644j:image

時間をかけて組み上げた。

オヤイデ2.5ミリバランス。

ケーブルはできるだけ編みたくなかったので、カバーをつけた。2つに分岐するところからは、片耳4本出るが、4つ編みはやめて、軽くねじるだけにした。

イヤホン付近は透明チューブにステンレス針金を入れた。

 

作成途中に何度か接触不良がおこって、ココロが折れかけたけど。どうにか完成。

 

使いやすくて、かっこいいぞ。

よく見ると、迷彩になってるしね。

(^o^)/

 

さてと。これでまたイヤホンに戻れるかな。

 

追記。

バスと電車で使用してみた。

早速こわれた。

伸縮チューブでは、ビアブルーのパイプは固定できなかった。布テープで固定だな。

 

しかし、 音は明らかに昨日までのケーブルとは違う。「明瞭」という言葉がピッタリする感じだ。解像度が高く、音場が豊。音のバランスもいい。定位まで向上していると感じる。

エージングでどこまで変わるかな?

 

解像度が高いと、騒音の中では高音が強く感じる。低音が少なく感じる。

騒音の中では少しだけイコライザで低音を持ち上げるとなお良し。

 

ビートオーディオ、vermilionに迫ってると感じている。解像度はこちらの方が高い分、高音よりに聞こえるけどね。

(^o^)/