読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自作備忘録(カスタム IEM 自作)

イヤホン カスタム iem 自作

音場について

一般に、音場が広がると気持ちいい。細かい音が奥行きを持って感じられ、聞こえやすい。

伸びる音の最後まで分かるから、そこを聞いてみたくなる。

プレイヤーの音量はドンドン大きくなる。

最近の私は、どんどん音場の広さを求めていた様だ。

 

だが、広すぎる音場は「フォーカスが悪い」とも言えるかもしれない。

少なくとも私が経験したレコーディングスタジオではそんな広い音場では音楽を作っていなかった。

 

昨夜作った、viablueのケーブル。極細線の割にちゃんと濃い音がする。

解像度は高い。高域はオーグラインに比べると弱いかな。

音場は狭くないけど、広くない。プレイヤーの音量が小さくてもいい。外の騒音を感じにくい。

イコライザをオンにすると、こもった感じが強い(なんでかな?)。

そして何より聞いて楽しい。ベースの塊感が明瞭でノリ良く聴ける。

 

バラードを聞くには、適さないかもしれないけど、元気出したい時には丁度いいな。

あと、イヤホン作る時の調整には広すぎる音場の物は避けたほうがいいと思う。難しくなりすぎる。^_^;

 

 

音場について考えさせられたケーブルだった。

(@ ̄ρ ̄@)