自作備忘録(カスタム IEM 自作)

イヤホン カスタム iem 自作

手持ち機の評価

一年前とは随分音の聞き方、感じ方が変わってきたと思う。

一年前は低音が深く響くのが好きだったのが、いつのまにか、全体的な美しさを持った弱ドンシャリが好きになっていた。

 

f:id:domingo55:20171212075644j:image

手持ちで、一番好きなのはIE800カスタム。

解像度、拡がり、まとまり感、低音の質感。全てに全く問題がないと感じる。

特に、低音の質がノーマルとは明らかに違っている。盛大に制振したおかげで、シマッた低音がたくさん出ている。とにかく気持ちいい。

 

f:id:domingo55:20171212080011j:image

二番手は、2つある。

1つ目は、BA10プラスダイナミック一発機。

ダイナミックを低音に追加したおかげで、BA機としてはかなり濃厚な部類にはいると思うが、ダイナミック機と比べるとやはり、あっさりしている。当時は、JHとかと比べ決して負けていないとよろこんでいたっけ。手持ちのJHは全部バラバラにしてしまったな。

音質はかなり高解像度で、音場も広いが、解像度を確保するために、すこし音の線が細いような感じがする。音源によってはよく合うが、ダイナミック機と聞き比べると物足りなくなる事がある。

 

f:id:domingo55:20171212080901j:image

二番手2つ目が、このワンドラ機。

サウンドピースB30という、やすやすの中華ホンがベース。

だが、物凄い音がする。IE800には負けるが、その差はわずかだと思う。

低音が多く、深い。値段じゃないという事の証明にはなったと思う。

 

3番手以降に、

ダイナミック8発機、ZS5改造機と続く。

面白い音がするが、「まとまり」がすこし弱く、どんな音源にも対応できるわけではない。

 

 

さてと。

次は、4発クラスで「元気の良い音」を目指してみたいな。音場はそんなに開かなくてもいいので、音がパーンと前に出てくるようなモノ。

多な音が、今の手持ちでは不足していると思う。

 

作りたい構想は、まだまだたくさん残ってる。材料もドンドン増えている。

いつまで作るのかね。( ̄▽ ̄)

 

 

 

ダイナミック6発を8発に

ダイナミック6発機は、今となっては高音域が弱い。ネットワークを使いたくなかったので、当初は妥協していたが、IE800の音とか聞いてると、高音が物足りなく、使う気にならなくなってきた。

でも、中域に何とも言えない魅力がある。

f:id:domingo55:20171210101854j:image

から割。やはりドライバでギチギチ。

でもTWFKなら入ると思う。

f:id:domingo55:20171210101950j:image

スペース、角度的にはここにしか入らない。解体してしまうのは避けたいので、ここから追加できる方法を探る。

f:id:domingo55:20171210102247j:image

ZS5を改善した時にドリルで音導管を作った。それと同じ手法をとることにした。

が、シェル内はドライバでまさしくギチギチ。

太いラインは確保できない。1.1ミリのドリルで5ミリダイナミックドライバの音導管まで、10ミリほどの長さを確保することにした。

 

まぁ、難しい作業だった。こんなとこ、通るか??って感じ。 

 

f:id:domingo55:20171210105517j:image

ダイナミック6発機が、ダイナミック主体8発機にバージョンアップした。

TWFKを追加したので、中域〜高域はうまく出るようになって、なかなかのレベル。

IE800を作る前は喜んで使っていただろう。

 

高域の解像度は、申し分なし。だが、音源により一部刺さることがある。チューニングで追い込んでみたい。

f:id:domingo55:20171210105832j:image

今はこんな感じ。ビニールパイプを復活させている。

バラードから、ミディアムまで音数が入り組んでいない音源なら問題なく聞かせてくれる。低音がドゥーーンと沈み込む。

ただし、「締まりがいい」とは言えない。一般的なレベルは確保しているが、ガンガン制振できるワンドラ機と比べてしまうと、、、( ̄^ ̄)

 

ダイナミックドライバとBAドライバの使い所がすこし見えてきたように思う。

IE800を超えられる、若しくは明らかにキャラの違うイヤホンは作れるかな?

d( ̄  ̄)

 

f:id:domingo55:20171210110433j:image

いつのまにか、葉が落ちて遠くまで見渡せるようになった。

冬だなー。

 

 

バスドラの音

ドラムを叩くときに聞くバスドラの音は、音の立ち上がり部分に高い音が混じる。

フエルトの塊を鉄の棒の先端につけたビーターで打面を蹴飛ばしているわけだから、そのフェルトと打面が僅かに接触する音が混ざる。

その後、打面から出る「トン」という音が来て、更にタイコの内部で響く低い音が響く。

最後に、シェルに僅かに残っている振動の雰囲気が続く。

 

スネアの音なら、シェルの深さで音が大きく変わる。

深いシェルだと「ダン」と長い音。スナッピーも結構響かせるチューニングが多い。

対して浅いシェルだと「タ」と短い音。スナッピーもタイトに張る人が多いと思う。

この浅いシェルで、タイトに張ったスネアの音が、新鮮に聞こえるかが気になる。

 

IE800 カスタムで初めて、バスドラに残る残響を感じることができた。

浅いスネアの音も綺麗にまとまりだした。

BA10発クラスでも細かい音は聞き取ることができるのだが、バスドラやスネアの響きっぷりがより自然でハッとさせられるのは、IE800 カスタムだ。音の自然な、本来あるべき姿を見せてくれると思う。特に残響音の部分で奥が深い。ジャズや小編成の楽曲を落ち着いて聞くにはベストだと思う。

 

でも、BAも全く悪いというわけではない。

残響音なんて、いろんな楽器が一度に音を出すと打ち消されてしまう。邪魔になると感じる人もいるかもしれない。

元気のいい曲、音数の多い曲を楽しく聴かせてくれるのは、BAの方が可能性があるように思う。もとい!BAを含む多数のドライバで作られたイヤホンの方が可能性があると思う。

 

さてと。

いよいよ、ダイナミックドライバ多ドラ機の再開だな。

d( ̄  ̄)

 

 

 

 

 

IE800 カスタム 2

f:id:domingo55:20171204074144j:image

内部をレジンで満たし、組み上げた。大きめのベアリングボールがアグレッシブだと思う。

f:id:domingo55:20171204074213j:image

シングルダイナミックでは、とにかく制振がポイントではないかと思う。錘となる真鍮製の部品の選定には気をつかった。

ただの錘なのだが、一見機能を持っていそうな配置を目指してみた。まぁまぁ、納得の出来。

時計の内部部品を配置してシェルを飾る手法は、真似っこになるから避けていたが、これならいけるかな。d( ̄  ̄)

 

薄いブルーのシェルは、中に落ち着いた色のものを入れると、どんどん色を失っていって、クリアーに近く見える。とても好み。

 

f:id:domingo55:20171204074940j:image

さてと、肝心の出音。

バランス接続と自作ケーブルでイキナリ音の次元が向上した。

サウンドステージがひろくて、でもどの音も引っ込まない。解像度がBA10発クラスに高い。

どの帯域にも不自然な感じがない。イヤーピースで聞いていた時には、若干こもったような感じもあったが、全くなく、透き通っている。

 

とても音がいいと感じるが、なにか落ち着かない。

「脳がついていっていない」ような不思議な感触。初めて、シェアの535を買って使った時に遮音性の高さから、フラフラして気持ち悪くなったが、それに近い、なにか気持ち悪い感じ。

 

例えば、左右のバランス。

ちょっと鼻が詰まってたりすると、もう左右のバランスが崩れていると感じてしまう。

これまでに、聞いていた曲でも、音源によってバランスが違って聞こえてくる。

 

すぐ、慣れそうな気もするが、、、

d( ̄  ̄)

しばらく、音は変わっていくだろう。楽しみだな。

 

 

〜追記〜

1日使ってみた。

いいな。、かなり。d( ̄  ̄)

 

IE800 カスタム

f:id:domingo55:20171203181732j:image

ケーブルの構造。

一番外側のビニール部分がとんでもなく硬い。経年劣化したのだろうな。

その内側に飾りの緑色ヒモ。黒のテープの下にリッツ線があった。

f:id:domingo55:20171203181928j:image

こんな感じで挿入。

シリコンパイプは、熱帯魚用にナイスなサイズがあった。

f:id:domingo55:20171203182052j:image

ただ今、焼き中。

試しに音出しした感じでは、音場の感じがかなり独特と言うか、広いと言うか。。

 

フェイスプレートを付けて密閉したからかなり音が変わっているはず。

 

また、今回も真鍮のパーツを沢山入れて重量を稼いだ。

うまく仕上がるといいな。

d( ̄  ̄)

f:id:domingo55:20171203182347j:image

天気の良い、とてもとても紅葉が綺麗な1日だった。

f:id:domingo55:20171203182529j:image

 

 

 

 

最高のダイナミックドライバとは?

と言うわけで、ダイナミックドライバの単発にハマってしまった。

たまにBA機も聴きたいが、とにかく今は、ダイナミックドライバだ。

 

自作の過程で、良いドライバと、あまり良くないドライバがある事に気づいてきた。作り方もあるが、ワンドラだとドライバの良し悪しがとても重要になると思う。

そう考えると、最高峰のドライバが欲しい。

 

ゼンハイザーのIE800。

誰もが知ってるいわゆる名機だとおもう。解像度、表現力、言うことない。ずっと欲しかったが10万円クラス。おいそれと買えない。中古もなかなか値下がりしない。

 

SONY EX1000。

既に所有しているが、カスタム化するにはハードルが高い。リケーブル可能だがそのコネクターの辺りが大きすぎる。音抜きの穴がたくさん空いていて逃がすのが大変。

音は中域に特徴があると思う。スネアがスパーンと気持ちいい。

カスタムイヤホンを作るきっかけになった機種。いつかはカスタム化して遮音性や装着感をあげてみたい。

 

TEDA ドリーム。

これも高級。だが、言うほどは魅力を感じなかった。プレーヤーのせいかな?

 

そんなこんなで、それでもいいドライバが格安で手に入らないかと、イーイヤに行ってみた。

f:id:domingo55:20171203003357j:image

f:id:domingo55:20171203003425j:image

な、なんと。ゼンハイザーのIE800が格安で手に入ってしまった。しかもさジャンクではない完動品。少し程度は悪いが音は正常。週末特価がかかっていて、信じられないくらい安かった。

日本橋店のだいちゃん!ありがとうございました!

 

f:id:domingo55:20171203003718j:image

イヤピースでも聞いてみたが、やはり音が安定しないので、簡易カスタムした。

ドライバが小型なのと、カナル先端がとても短い機種なので、私のシェルにはご覧の通り、ベストポジションに入りそう。

( ´△`)

 

しかし、ケーブルが硬化していて、とても硬い。正規のお金を出したかった人は許さないだろうと思うレベル。 しかも、左耳のケーブルが断線しそうになっている( だから、安くしてもらえたのだが。)

まぁ、カスタム化するから私には関係ないのだが。

 

出音は、、

解像度がとても高い。BAの最高峰だと納得できる。低音もよくしまっているが、量は多い。

ただし、中域の明瞭さは、イマイチ。

好みもあるが、SONYのex1000の方が明瞭だと思う。まぁ、だいぶ手を入れているので、単純比較はできないが。

 

さてと、本格的にカスタム化すると、どう音がバージョンアップするか楽しみだ。

値段的にもex1000を軽く超えて欲しいな。

d( ̄  ̄)

ダイナミック1発について

これまでいくつかダイナミック1発を作ってきた。

 

なかなか納得できる音が出なかったが、16号機でとても納得できる音が出てきた。

f:id:domingo55:20171201154140j:image

九月の前半につくって約3ヶ月、レジンの硬化の進行とともにどんどん音が洗練されていった。低音は締まって、前に出てくる。中域〜高域は解像度が高く、難しい音源でも崩れることはない。

BA主体11ドラとよく聞き比べるが、解像度は同等で、音の「深さ」というか厚さで圧倒できる。

 

よく、オーディオ好きは最終的にワンドラに行き着くというが、ワンドラが好きというか、ダイナミックの音が好きなんだと思う。

ダイナミック6発機は、すこし高音の量が少ないは思うが、まだまだ大好きだ。

 

当面、ダイナミック1発での実験が続きそう。そしてまた、ダイナミックの多ドラをやりたいな。

 

ポイントはドライバの位置と制振だとおもう。

今週も新作を作ろう(^.^)

 

f:id:domingo55:20171201155116j:image

また出雲に行ってきた。

曇りがちだが、空の上は綺麗だった。