自作備忘録(カスタム IEM 自作)

イヤホン カスタム iem 自作

暫く忙しく

f:id:domingo55:20181113223204j:image

宮崎に行ってきた。

カツオの藁焼き。塩でニンニクをつけて食べる。最高だったな。

(^ ^)

だが、、、明日から暫くは災害復旧の仕事で岡山にこもることになってしまった。大阪へはいつ帰れるんだろう。。(T-T)

 

早くユニバーサル機を軌道に乗せたいのだが、なかなか時間が取れないかもしれない。

先は長いな。

 

ユニバーサル機試作に向けて⑤

ちまちまやると、ほんとに進まなくなるので、今週からガッツリ進めることにする。

f:id:domingo55:20181111013422j:image

整形を進めている。

右耳も作って調整した。

 

f:id:domingo55:20181111013510j:image

ここから一旦レジンで固めてしまう。

ブルーミクスは、基本ゴムだから柔らかく、細かい形状の追い込みができない。

レジンでガッチガチにして、明日から再度形状を追い込むつもり。

 

だが、左右の形を揃えるのって意外に難しい。

まぁ、妥協はいくらでもできるのだが、ここは丁寧に作業しないとな。d( ̄  ̄)

 

f:id:domingo55:20181111013851j:image

久しぶりに岡山に行った。

私にとっては、懐かしい第2の故郷。

夜、同僚と別れて、敢えて一人飲みした。

街の様子はどんどん変わっていくが、空気感や人の感じは、やはり懐かしい。

d( ̄  ̄)

 

写真はエビ飯。名物?まぁ、そんなに美味しいものでもないが、思い出の味だったな。

 

 

 

dap メモ

音質を上げたくなってきた。

dpx 1 はキライではないが、最近バッテリーが弱ってきたようで、毎日充電が必要。泊まりの出張など、ちとめんどくさくなってきた。

 

f:id:domingo55:20181111004213j:image

そこで、以前から気になっていたdapをしっかり聞いてみた。イヤホンはE3000カスタム。いまの手持ちでは一番の完成度だと思う。

 

 

はじめは、calyx M。何世代も前のdap

低音からしっかり出で、空間も広めだと思った。E3000のちっさなドライバでも十分な低音が出てきた。多すぎるくらい。。

だが、高音系の伸びはイマイチかな?好きな音の感じにはすこし足りない。

操作関係はギリ許せるレベル。。デザインも悪くない。

爆安になってたので買っても良かったが、なにせ再生時間が2時間程度。Mobileバッテリーを持ち歩く必要がある。。。あと視聴の30分程度でもめちゃ発熱してた。

オモチャとしては楽しいけど、まぁ、保留だな。

 

カインのN5ⅡSS

ステンレスの質感と適度な大きさで、気になっていた。高音はそこそこ伸びるのだが、空間が広いわけではない。しかも、低音の力量が普通。dpx 1 と大差なし。投資効果が低いと判断。dpx 1 が無ければ十分候補になってたと思う。

 

HiBy R6SS

こちらもステンレス。私はどうやらステンレスの質感がお気に入りのようだ。

低音の質感がN5ⅡSSより若干向上。高音もよく伸びて楽しい。だが、まだ足りない。透明感や空間がもっと欲しい。

dpx 1 より楽しそうだが、投資に見合うかというと、感動が少ない。

 

fiio x7 

以前から何度も聴いている。

音が緻密で悪くない。買っても良いのだが、感動が薄いと判断。

あと一息!って感じ。安い出物があれば買うだろう。

 

COWON  PLENUE 2 

10万円越え。いきなり空間が広がる。透明感も満足できるレベル。低音もグッと出てくる。

だが?すこーーしだけ音がデジタルっぽいというか、作られたようなニュアンスがあるな。

10万は、予算オーバーな気もする。。でもこれを聴くと、一番初めに聞いたcalyx Mは買うべきではないと感じた。毎日使うdapは、あまりケチらず使いやすいものにしたい。

この子は保留だな。

 

アイバッソ dx150 

なるほど。低音の質が悪くないな。だが、ボヤけると言えばボヤける。空間も広いが感動的ではない。たぶん、透明感が足りない。dpx 1 からの乗り換えにはチト役不足かな。

dx200 ならいけるかもしれない。聴いてみたいが、大阪では試聴環境が無いような。。

 

SONY wm1a

今まで、何度も聴いてきた。が、何だか毎回印象が少しづつ違う。

低音の質感、空間、高音全てにおいて悪くない。透明感もあり感動もある。日本製の安心感も凄い。重い機体だが、意外に持ちやすさもある。

だが、曲を入れるとき、専用ソフトを使うのがとっても面倒だ。魅力が半減してしまう。。

 

f:id:domingo55:20181111010952j:image

akのSR15

良いな。音は、どっしり重く、解像度や空間も好みだと思う。気に入った。だが、曲によっては中域がすこし暴れる?ことがあると思う。まぁ、イヤホンしだいかもしれないが。。、

操作性もバッチリ。akはもう老舗というか、安定感がちゃんとあると思う。

だが、ガッツリ値下がりする実績と、すぐ壊れるのではないかという不安感から、買えないな。。。この音と、このクオリティなので、壊れる事がなければ多分買ってると思うが。。

 

と言うわけで、dapはまだまだ決まりそうにない。今はwm1aが最有力だが、んーーーって感じ。きっと音が好みからすこーしだけ外れているのだと思う。

 

操作性は、dpx 1 でとりあえず満足している。音はdapなら10万円クラス以上のものでないと納得しないようだ。

やっぱり、アンプかな?dpx 1 にアンプを噛ませるとかなり感動的な音は出るのだが。。。

 

さてさて。

どうなることやら。d( ̄  ̄)

 

 

 

耳を傷めて通院

この間、とても忙しかったが、すこし峠は越えた気がする。

だが、忙しい期間中にイライラして耳掃除をやりすぎたようで、炎症を起こしてしまった。

外耳炎?しばらく通院しろとの医師からのご指示。「耳かき?イヤホン?ダメに決まってますよね?」と優しいお言葉。抗生物質入りの差し薬での治療となった。

 

カスタムイヤホン自作は、結構リスクが伴う。音の調整に悩みだすと一晩に100回も付けたり外したりしてしまう。。作り出した初期には何度も耳鼻科にお世話になった。調整用のスポンジが取れなくなって、病院でとってもらったなんて事もあったな。d( ̄  ̄)

今回もそんな感じで、しばらくカスタムイヤホンは使えないことになってしまった。良い機会なので、ユニーバーサルイヤホンを色々と試してみようと思う。

 

f:id:domingo55:20181106084230j:image

上は少し昔の写真だが、コドングリを使ってみている。

ユニバーサルイヤホンだが、当初予想していたほどは、使いにくくない。静かな所だと気持ちいい音が聴き取れる。

だが、カスタムイヤホンに比べ、全体に音が遠く、解像度が低い。左右の分離もイマイチな感じだ。コドングリはとても優秀なイヤホンだと思うが、ユニバーサルのまま使うのはちとしんどいかもしれない。

だが、そんなユニバーサル型でもすこし使っていると、だんだん違和感がなくなってきて普通に使え出す。いい音だと素直に思える。

d( ̄  ̄)

 

改めて、ユニバーサルイヤホンは、イヤーピースで結構変わる。イヤピース出口が広く開いているもの、すこし絞ってあるもの。奥までねじ込めるもの、あまり入らないもの。

私は、音の出口が広く開いているものを、深く押し込んで使うのが好みだな。。

カスタムイヤホンの場合、こんなにカナル先端部の形が変わると、聞いていられないくらい音が変わると思うが、ユニバーサルの場合はある程度の曖昧さは受け入れてくれるようだ。

ユニバーサル機の試作を進めているが、カナル先端部がポイントになりそうだな。

d( ̄  ̄)

 

 

一般のイヤーピースを使わずに、カスタムイヤホンのような部品が作れると良いのだけどな。。

 

 

生楽器の音

f:id:domingo55:20181105074921j:image

本当に久しぶりに、ライブをきいた。

場所は滋賀県びわ湖ホール。中ホール。

山中千尋と、ベース、ドラム。アルバムユートピアの録音メンバーと同じ編成のようだ。

 

一曲目の音が流れた瞬間、ビックリした。ありえないほど音が悪い。そんなに大きなホールでもないのに、モアモアのピアノの音だった。マイク無しでもギリいける大きさの会場だと思ったが、、、非常に残念。PA機器と操る人の腕が悪すぎるのだろう。

 

マイク通すとこんなものなのかな?って思っていたら三曲目くらいから少しずつ改善された。(というか、単にピアノの音を絞っただけのようにも感じだが。)でも、全体のバランスはあまり改善されないまま終わってしまった。

 

肝心なダイナミックスの変化や音色の楽しみ、細かな音が音響のせいでかなりスポイルされていたが、終わってみると軽い感動に包まれていた。

一音づつ追いかけていくと、プレーヤーのやりとりや、高揚感がたまらなく気持ちよかった。一流のプレーヤーが作り出す音空間は、やはり凄いな。久しぶりにドラム叩きたくなった。

 

またいつか、今度はマイクを使わないちっさい箱で聞いてみたいな。d( ̄  ̄)

 

 

f:id:domingo55:20181105080409j:image

琵琶湖が見える。

周辺では紅葉が始まっていた。

ダイナミック一発のIEMが、売られない訳

大手メーカーさんは、意外なほどダイナミック一発のカスタムIEMを販売しない。

自分で作り出して3年(?)くらい。ようやくその意味がわかってきた。

 

f:id:domingo55:20181104141809j:image

写真は、昨夜のFX500 カスタムのカナル先端部。

昨日の朝には盛大に内部を削っていたが、どうも納得できず、レジンで元に戻してしまった。

元に戻すついでに、更に2ミリほどカナルを長くしてたところ、途端に悩みまくっていた左右のバランスに大きな改善が見られた。

 

どうやら、鼓膜との位置関係としては、左耳のカナル長が不足していたようだ。

気を良くして、ナイフで薄く先端部を削って調整した。0.2〜0.5ミリ程度削って左右のバランスがいい感じになってきた。今回はカナル内部は殆ど削っていない。

調整の途中で、ほんの少しの左右バランスの違いで、低音モリモリにもなったし、高音キンキンにもできた。ほんのコンマ数ミリで簡単にキャラクターが激変する。

 

ほんのコンマ数ミリ。。左右で形の違うカナルのどちらを削るか、もしくは盛るか。先端を削るか、内部を削るか。。どの程度削るか、盛るか。

自分のIEMなら聞きながら調整出来るが、他人のものならそうはいかない。

音導管の細いBAドライバならさほど差は出ないと思うが、音導管の太いダイナミック一発なら大問題だと思う。メーカーが、ダイナミック一発のカスタムIEMを出さない理由はココだと思う。

 

 

 

最近、やっとでチューニングの仕方をつかめてきたと思うが、まだ先はありそうだな。

d( ̄  ̄)