自作備忘録(カスタム IEM 自作)

イヤホン カスタム iem 自作

T8iE 再リベンジ⑤

いきなりT8iE をバラすのは危険と判断し、いろんなユニットで実験してみた。

f:id:domingo55:20190617081147j:image

先ずは、ZS5の低音用ユニット。多分10ミリだと思う。以前、壊してしまったもの。

まず、ダイナミックドライバの配線は、ボイスコイルにしか繋がっていない。どんなに高級なイヤホンケーブルを使っても最後は、髪の毛よりも遥かに細い導線になる。

 

次に振動板には、ボイスコイル及び振動板外周のリングが接着されている。このユニットの場合、接着剤がベタッと振動板にはみ出していた。なんなんだろうか、とても低品質だと思う。

振動板の外周にリングが付いているので、リング部分をこじると、振動板を外すことができる。ただし、ボイスコイルへの配線を切らないようにするために注意が必要。

 

磁石の上にはんだスペースがあり、他は磁石のみ。まぁ、教科書通りの作りだった。

 

f:id:domingo55:20190617082231j:image

続いて、DUNUのDN-1000のドライバ。

こちらも壊してしまっていたもの。

f:id:domingo55:20190617082530j:image

ボイスコイルへの配線用の切れ込み部から、細いドライバ等でこじってやると、振動板を浮かせることができる。

振動板の周辺にリングが付いているものは、比較的簡単に振動板を外すことができることがわかった。

また、ZS5のドライバより品質は高いと思う。変な接着剤のはみ出しとかは無かった。

 

f:id:domingo55:20190617082912j:image

f:id:domingo55:20190617082942j:image

minx?のドライバ。

基本的には他の2つと大差ない。

f:id:domingo55:20190617083201j:image

最後に、出所不明のドライバ。

この子も基本的には同じ。

 

◎まとめ

・イヤホン振動板の外周にはリングが取り付けられている場合が大半で、その場合、振動板の分解は可能。

・振動板は、接着剤でついている。リングの接地面積が少ないので、こじれば外れる。通常、加熱すれば接着剤は柔らかくなるが、この場合、加熱までは必要ない。

・注意すべきはボイスコイルへの配線。他には配線は無い。

 

こんなところかな。。

 

 

久しぶりのヒット

最近、なかなかコレっていう曲に出会えなかったので、マンネリ化してた。

 

f:id:domingo55:20190617074403j:image

Malene MortensenのアルバムCan't Help It から、「Can't Help It 」。

原曲はMichael Jackson。超有名曲だが、ジャズとして見事にアレンジされている。

サビのピアノ、ドラムとボーカルの引き合いがたまらなくスリリングで、とてもいい感じ。

 

https://m.youtube.com/watch?v=g8DHRQ_Duc4

youtubeでは、「mystery man」が聴ける。これもなかなか。

 

Malene Mortensenはデビューしたての頃の作品の方が、最近の作品よりバンドサウンドが多くて好みかな。

こんな感じの曲を聴きこむためにイヤホン作ってる気がする。d( ̄  ̄)

 

f:id:domingo55:20190617080407j:image

ふと、ベースを買った。

中古だったが、新品みたいで満足。弦を張り替えて少し弾いてみたが、やはりベースは気持ちいいな。

まぁ、人前ではドラムしか叩かないので、お遊びだけどね。(^^)

 

 

 

 

T8iE 再リベンジ④

さてと、修理方法である。

極細、とにかく細い導線をどうやって復活させるか。とても難しい。。。

方法をいくつか考えてみた。

 

 

①普通にはんだ付け。

修復箇所からボイスコイルまで3ミリ程度しかない。

振動板も数ミリも離れてない。

まず、確実にハンダゴテの熱で壊すと思われる。。。。

てか、コテを近づけただけで、振動板がクシャクシャっとなりそうだ。(-.-;)y-~~~

却下だな。

 

 

②導電性接着剤

f:id:domingo55:20190612204749j:image

資料 amazon

 

こんなやつ。アマゾンとかで売ってる。

樹脂の中に粉末金属が入っている感じと理解している。

熱を加えなくても一応通電させられるのだが。。。

なにせ通電させたい部分が細すぎる。

感覚的には0.05ミリ程度の太さの導線。。

使う薬剤の量は、ほんの僅かしかない。

なんだが、スムーズに通電する気がしない。

よって、却下。

安くていいんだけどね。d( ̄  ̄)

 

③単純にねじる

そう。一番やってはいけないとされる方法。

小学生が工作で使う方法。導線を二本束ねて、グリグリねじる。

一応、固い接着剤で少しだけ固定するつもり。

これしか思いつかない。。

 

f:id:domingo55:20190612205721j:image

資料 オヤイデ電気ホームページ

 

また、皮膜を取るために、皮膜を溶かす溶剤も買っておいた。導線が極細なので、削ったりできないからな。。。うまくいくかな?導線まで溶かさなきゃいいが。

 

 

 

さてと、次は振動板を外す方法を考えないとな。外せるんかいな。。。(@_@)

 

 

 

 

 

 

T8iE 再リベンジ③ 問題箇所発見

f:id:domingo55:20190610231410j:image

簡易的な安い虫眼鏡で配線を辿ってみた。

なんと断線箇所を特定することができた。

 

デザインカッターの先端あたりの箇所で、ボイスコイルへ向かう配線が、振動板を貫通する。

その貫通部あたりで、配線に途切れを見つけることができた。

振動板は、たいがい柔らかいが、エッジの部分だけは肉厚があり硬くなっている。

この硬くなっている部分で、配線を貫通させている。

貫通させる際の施工不良から、断線が発生したと考えるのが自然だ。手作業で組み立てたとすれば、難しい箇所ではある。

 

さてと。。。。

問題箇所は見えた。

だが、極細のリッツ線。しかも振動板の裏側。

どう修復させたら良いのやら。

 

少し時間をかけて考えてみようと思う。

d( ̄  ̄)

どうにか、良い方法が見つかりますように。。。

 

 

SONY EX650④

f:id:domingo55:20190610080038j:image

低音が不足したため、音導管を修正した。

現状より若干細いシリコンパイプを通して、隙間にレジンを充填するだけ。

直径は1ミリ程度細くなったと思うが、これだけで激変する。

スポンジを詰めても高音を抑えることができるが、音がこもってしまうのでできれば使いたくない。

f:id:domingo55:20190610080326j:image

真鍮の輝きがなかなか綺麗で、見た目は良いイヤホンになったと思う。

 

肝心の出音は、、

確かに空間が広い。解像度も高いのだが、曲によっては見事に破綻する。テンポの速いドラムのフィルインなどでは、風呂場で叩いているような焦点の合わない感じが発生する。

 

数百円のジャンク品、なにかドライバに不調があったのかもしれない。

d( ̄  ̄)

 

てなわけで。つかわないだろーな。

カスタム化する前にもっと慎重に音出しをしておくべきだった。。

 

 

 

T8iE 再リベンジ②

f:id:domingo55:20190609001344j:image

f:id:domingo55:20190609001328j:image

 

はい。いよいよ分解です。

まず、筐体が恐ろしく「柔らかい」。

すごく軽い力でポロポロと白いプラスチックが崩れていく。感覚的には、「チョコレート」くらいの硬さ。こんなに柔らかいプラスチックを使っている例は見たことがない。

また、プラスチックには、メッキがしてあるが、このメッキがブ厚い。

磁石を近づけると、メッキが磁石にくっついてしまう。凄い仕様だな。

また、ドライバの前面に、黒色のステーが挿入してある。

f:id:domingo55:20190609000157j:image

f:id:domingo55:20190609000207j:image

なんと、この部品はかなり凝った作りになっている。細い溝が複雑にレイアウトしてあったり、細かい穴が開いていたり。。

この部品で音のチューニングを取っていることがわかる。おそらく、XELENTOとの音質の違いはこの部品で作っているのだろうと想像できる。

しっかし、凄いな。。。

この部品だけでも使ってみたい。

f:id:domingo55:20190609000513j:image

ドライバを分離させたところ。

ドライバの作りも凄まじい。こんなドライバ、見たことないってくらい、しっかりした作りになっている。

キャンプファイヤーVegaのドライバですら、チープに見えてしまう。

この状態でドライバの音出しをしたが、、やはり無音。配線の断線等、いろいろ探ってみたが、まったくわからず。目視では、おかしなところは見当たらなかった。。

修理はむりかも。。(-.-;)y-~~~

 

f:id:domingo55:20190609000855j:image

例の黒い部品に、RHAの10ミリドライバをあてがってみた。同じ10ミリでもうまく収まらない。。難易度高いぞ。d( ̄  ̄)

 

さてと。どう料理したものか。

少し考えてみよう。

 

T8iE 再リベンジ①

f:id:domingo55:20190608002015j:image

どうにもこうにも、ベイヤーのXELENTOが欲しくなっている。めちゃくちゃ欲しい。

だが、ここは少し冷静になって一年程前にT8iE にチャレンジしてどうにも直せなかった事を振り返ることにする。

ドライバそのものが故障していると判断して、泣き寝入りした。

その後、比較的健全と思われるドライバを買っていた。

上の写真が購入していたものだが、mmcxのピンが折れているとある。しかも、比較的健全な個体の多い左耳用。

これは、直せると踏んでいたが、開けてみてびっくり。

f:id:domingo55:20190608111323j:image

「R」と書いてある。右耳用やん。。

イーイヤホン、しっかりしてくれー。d( ̄  ̄)

mmcxの故障はたいした問題にならないので取り敢えず音を出してみた。

まず、音が小さい。といっても聴こえないレベルではない。だが、しばらく聴いていると不定期に音が大きくなる。適正な音量になる。

つまり、壊れかけているのではないか?

まったく。。T8iE の右耳は欠陥品ばかりなのか??d( ̄  ̄)

 

f:id:domingo55:20190608130114j:image

と言うわけで、T8iE のドライバが3つになった。そろそろ、ドライバに手を出してみるかな?

そこで、上の写真である。

青丸で囲った部分に細い髪の毛よりもかなり細い配線があるのだが、ここが怪しいと踏んでいる。

どうにか分解して、ここの配線を直せないものか。少しチャレンジしてみようと思う。

 

 

つづく。