自作備忘録(カスタム IEM 自作)

イヤホン カスタム iem 自作

神イヤホンができるとしたら

わかったような口ぶりで喋れるほど、知識も無いが、、、とても感動している。

 

 

もし、神イヤホンができるとしたら、それはきっと、5ミリクラスのダイナミックドライバを使っていると思う。

 

RHA S500カスタムがとんでもないことになってきた。dreamカスタム を使う気がなくなるほどの気持ち良さ。。。特に中域の奥行きが凄いように感じる。

5ミリクラスのダイナミックドライバだからこそ、こんな音が出ると思う。

 

 

 

S500カスタムは、もう少しレジンが硬化していくはず。楽しみだ。d( ̄  ̄)

イヤホンのカタチ③ カナルその2

その1で、標準より細いものを見てきた。

では、太いものはというと。。

f:id:domingo55:20180923162920j:image

finalの高級機。名前は忘れてしまったが、10万円とかしたと思う。(買ったのはジャンク品だが。)

まぁ、カナルが太い。耳に入らない。これ、どうやってつかうんだろう??と、結局使い方が分からなかった。

穴を太くすると、中域〜高域がグーンと伸びる。解像度や空気感も増す。

低音の力量があるドライバを使えるなら、可能な限り太いカナルを使いたい。

 

昔、SONYもその事を売り文句にして、少しカナル内径の太いイヤホンを売ってたな。今はどうなっているのだろう。

つまり、大きな穴を持っている既製品は意外に少ない。耳に入りにくくなるからだと思うが、高音の伸びがかなり改善するのに、残念だ。

 

f:id:domingo55:20180923173702j:image

で、太いカナルを狙うなら、いっそドライバをカナルの最先端に配置すれば内径の太さも最大化できる。

その狙いで作られたのが、JVCの5ミリドライバの製品群。ヤマハも似た作りで出していたと思う。

写真は先端のドライバを外してしまっているが、筐体の最前面にドライバを置く事で、カナル部の音導管を無くしている。

鮮度の高い音が出るはずだったのだが、製品版ではそこまでは感じなかった。

 

私もカナルの先端部に配置するのには賛成。RHA S500カスタムでは、同じように最先端付近に配置してみた。でも、当然高音域を伸ばすなら低音域も補強しないと変なバランスになってしまう。RHAではうまくいった。

 

f:id:domingo55:20180923115003j:image

変わり種では、楕円がある。

有名どころでは、ベイヤーダイナミックのダイナミックドライバ。オンキョーのE700Mも楕円だった。

楕円形にする事で、高音の伸びが改善するはず。私のカスタムイヤホンもチューニングを進めるうち、結果的に楕円になっているものが多い。

 

しかし、ベイヤーのものは、まだ音が出ないのでわからないが、オンキョーのモノはそんなにアドバンテージを感じることができなかった。結果E700Mをカスタム化するときには楕円部分を削って大幅に大きな穴に拡大した。

 

また、楕円形って、耳に収めるのが大変だと思うのだが??

d( ̄  ̄)

 

 

 

と、いろいろ見てきたが、カナル先端部はほんの少しいじるだけで、音が変わる。

既製品でも、先端部の穴の内側の角を0.1ミリ程度、すこーーし削るだけでも変わると思う。

ご参考になれば幸いです。d( ̄  ̄)

 

 

BAとドラムの共通点?

f:id:domingo55:20180924115147p:image

有名な話である。BAはアーマキュアという、棒のようなもので、振動板を「叩く」。

対してダイナミック型は、コイルとから連続的に力をうけ続ける。

 

楽器に例えるなら、バチで打面を叩くドラムと、連続的に音を出すバイオリン。

そんなイメージをもっている。(間違ってたらご指摘ください)

 

ドラムで連続音を出そうと思うと、ロールという手法を使う。表彰式で賞の発表前に「ドロロロロー」とやる、あれである。

バチにあまり力を入れずに、打面近くで転がすように細かい音をたくさん出す。

音量を出そうと思うと、ドラムを叩く人の数を増やして行くか、強い力で叩く。

強い力で叩こうと思うと必然的に、打面近くで叩くのではなく、より打面より高い所からスティックを落として、叩く必要がある。すなわち、細かい音がどんどん出せなくなる。アタック音のみ強くなって、余韻の音が出せなくなる。

つまり、雰囲気のあるカッコいい細かいフレーズを大音量で出したければ、叩く人数を増やす方が手っ取り早い。

 

先日BAドライバを聴いて、上記のように考えてしまった。

BAドライバは、なぜ音量によって、表現力が変わるんだろう?なぜ、多ドラ化すれば、表現力が上がるのだろう?

ドラムの様な打楽器と同じ理屈なのだとしたら納得できるのだが。。d( ̄  ̄)

 

逆に、ダイナミックドライバが、バイオリンと同じ仕組みで音が出るのなら、「音を切る」のが得意でない事もうなづけるな。。

 

 

 

 

さてと。今日も仕事がハードの様だ。

精神壊さないように頑張らねば。。

(T_T)

 

 

 

final E3000

f:id:domingo55:20180923231009j:image

少し、高音に癖を感じるのだが、とても良いイヤホンだと感じたので購入していた。

解像度が高く、繊細な音もちゃんと描いてくれる。ひょっとしたらとても良いドライバなのかも知れない。。

f:id:domingo55:20180923231154j:image

ちょっと気になって、カナル部のフィフターを外してみた。両面テープなので、丁寧に扱うと、再利用できる。なので、実験的に外した音の確認をした。

外すとイキナリ音量が上がる。そして、綺麗に高音が伸びはじめた。かなり目の細かいフィルターだったようだ。ditaのdreamもかなり目が細かかったが、dreamと共通点があると嬉しくなる。

出音は、私はこの方が好みかな。感じていた高音の癖もなくなった。

(^ ^)

ただし、ドライバの振動面が丸見えになる。高音がキツすぎる人や、ゴミの侵入が心配な場合は、ヘッドホンイヤーパッドなどのスポンジをごく少量入れる事で対応するのも良いと思う。

f:id:domingo55:20180923231604j:image

背面の金属メッシュはとてもカッコいいが、普通はこんなに穴を開けると音が拡散してしまう。ダミーかな?と、試しにメッシュ部を外してみる事にした。両面テープで付いているだけだったので、こじると外れる。

中には極細の音抜き穴が隠れていた。しかも、穴にフィルターを付けてちゃんとチューニングされている。

そうそう。こうやってチューニングしないと、ひどい音になる。この時点で、finalの良心を感じた。

ちなみに、白いフィルターを外すと、低音が増えたが、中域のモコモコ感も増した。チューニングするなら、出音を確認しながら、針でフィルターに極細穴をいくつか開ける程度だと思う。

カナル先端のフィルターと、ここのフィフターのチューニングで、多少音を変えられる。が、、欲しい音が明確になっていない場合は混乱すると思う。改悪になりがちなので、やめておいた方が良いと思う。

d( ̄  ̄)

 

f:id:domingo55:20180923231839j:image

ここまで来ると、分解熱に歯止めが効かなくなってしまった。分解せずにはいられない。

病気だな。d( ̄  ̄)

 

先端の黒いパーツを外した。柔らかめの接着剤で止まっているだけ。うまくこじれば外れる。

黒のパーツにも音抜き穴があるが、ここにもちゃんとフィルターがあってチューニングしたことがわかる。素晴らしい!

 

ちなみにこの穴を塞ぐと低音が増える。私は塞ぐ予定。

また、カナル部の内径はかなり細い。低音域の増強を狙ったものだと思われる。私は多分もう少し太くすると思う。

 

 

 

しっかし、この時点で、ドライバが外れる気配がない。構造がわからない以上、無理にこじると、必ず壊してしまう。。。

f:id:domingo55:20180923232727j:image

悩んだ挙句、気がついたら筐体の金属を引き裂いていた。RHAも引き裂いたのだから、イケるはずと、変な思い込みがあった。

 

素材は真鍮なのか?とにかく、硬い。

筐体も小さく、手でしっかり掴めないから、とにかく解体しにくい。辞めようかと思ったくらい。

d( ̄  ̄)

だが、根気よく引き裂いて、無事、ドライバと対面できた。

 

5ミリクラスのドライバはたくさん見てきたが、どのドライバにも似ていない。中華や、JVC、RHA。全然違うな。

カッコイイし、期待が高鳴る。

(^ ^)

 

でも、あと片耳分解しないといけない。超めんどくさい。。。(T_T)

分解難易度はRHA S500より高い。。さすが、日本製だな。

 

 

さて、この子はどんな風に仕立てるかな。想像を膨らませるのは楽しい作業だ。

(^ ^)

 

 

 

 

 

 

イヤホンのカタチ② カナルその1

イヤーピースをつけて、耳にねじ込む部分。

私は「カナル部」と勝手に呼んでいる。

イヤホンを作り出して、カナル部の処理の仕方で音がものすごく変わることに驚いている。

そこで、市販品を改めて観察してみた。

f:id:domingo55:20180923002800j:image

一般的な形状のカナル。

左がintime のソラ。

右がRHAのMA750。

どちらも10ミリのダイナミックドライバ。

ここで注目して欲しいのが、カナルに開いた穴の太さ。

ソラの方はフィルターが付いているが、内径はRHAと同じ事がわかる。

このサイズの穴の太さのイヤホンがとても多い。決して悪いわけではなく、「名機」と言われるイヤホンにもこのサイズが多いので、マネしてるメーカーが多いいのだろうな。

 

個人的には、本当は低音過多になりがちな太さだと思う。まぁ、イヤピースで使う場合は、密閉するのが難しいので、ちょうどいいのかも知れないが。。d( ̄  ̄)

 

f:id:domingo55:20180923003421j:image

つづいて、シェアーのカナル。

標準的なものに比べて、かなり細い。

メチャクチャ低音が強調される太さだが、低音が不足しがちなBAドライバには、相性がいいと思う。BA多ドラのカスタムイヤホンでもこの太さは多用される。

 

この太さのメリットは、低音を強調するだけではない。シェアーのイヤホンは、遮音性が良いと言われるが、理由はこの太さのせいだと思う。

細いから、コンプライなどを着けても、ぎゅーっと細く圧縮できて、結果、耳の奥まで挿入できる。

カスタムイヤホンのカナルは、イヤーピースを付けたイヤホンに比べると以外に細い。つまり、人間の耳はイヤピースを付けるなら、これくらい細くないとちゃんと入らないのかも知れない。(当然、個人差はものすごいが。)

 

f:id:domingo55:20180923113754j:image

同様に細いカナルとして、BA4発のアルティメイトイヤーズのUE900のカナル。

シェアーと同等の太さに、もう一つ、極細の穴が空いている。

太い方が中域〜高域用。当然細い方が低域用。

ドライバを複数機使用して組むならとても示唆に富む作りだと思う。

私も多ドラにするときは、低音用のドライバには細い管をつかう。

f:id:domingo55:20180923114110j:image

ダイナミックドライバ機で、細いもの。

ソノコアのダイナミック2発機。COA-1004。

低音がモリモリと有名だった。

低音を強調するため、カナルの穴はかなーり細め。横のシェアー535と比べると同じくらいの太さである事に驚く。

つまり、ダイナミック機でも使えない太さではない。低音が不足しがちだが、使いたいドライバがあるときなどは、検討しても良い太さだと思う。

 

 

その2へ、つづきます。

 

 

 

 

RHA S500カスタム⑦ その後

f:id:domingo55:20180923001447j:image

チマチマとチューニングを進めている。

写真ではわからないが、カナル先端部をほんの少し拡大したら、高音の伸びが格段に良くなった。

また、遮音性を上げるために、シェルの中にスポンジを入れてみた。写真では黒く写っているはず。

若干、低音の伸びが悪くなったような気がするが、電車の中で使ってみて判断したい。

スポンジごときで、遮音性が上がるならこんな嬉しいことはないのだが。。(^ ^)

 

その後、低音の量も増えてきて、とても聴きやすくなってきた。dreamカスタム をさしおいて、使う頻度が上がってきた。

作ってよかったな。とてもお気に入りだ。

d( ̄  ̄)

 

 

やはり、5ミリクラスドライバはかなり良い。

次はどの5ミリドライバで試してみるかな?

final?ゼロオーディオ?AKG?

楽しい悩みだが、仕事が超絶忙しい。。。今週も休み無し。。

いつ買いに行けることやら。(T . T)

BAドライバ機について。

f:id:domingo55:20180922001716j:image

久しぶりに。ホッントに久しぶりにBA機を聞いた。

左側の茶色が、BA1発。フィリップスの9900からドライバを抜き出して作ったもの。確かソニオンのドライバだったと思う。ドライバをカナルの先端に配置して、音質向上を狙ったつもり。

 

ケーブルが繋がっている青いのが、UEの11。他人様の耳型を中古で買ったもの。いつかリシェルするつもりが、ろくに使った事がなく、軽くフィッティングをとったままで、手付かずになっている。

 

一番上が、BA10発プラスダイナミック1発機。

自分の中ではJHオーディオの10発クラスに対抗できると思っていたモノ。でも、もうかなり聴いていなかった。

 

先ずは、1発機。

あれ?こんな音だっけ?って言うくらいショボかった。どうにもこうにも低音の力量が無い。数年前は納得していたのだが、ダイナミックドライバの音に慣れてしまった今となっては、つまらない。低音はアタック音はよくきこえるが、沈み込まない。。。

しかも、曲の途中でベースだけになるなど、低音楽器が目立つ部分では低音の音量が上がるのだが、他の楽器が入ってくると音量が下がるように感じでしまう。。。。あかんやん。(T . T)

次に中域。アタック音というか、音のピークのみがよく聞こえて、余韻のようなものが感じにくい。

この段階では、BAが嫌いになってしまった。。

 

次にUE11

1発と比べると物凄く改善する。低音から高音までのバランスがぐっと良くなる。しかし、基本的なBAの傾向はかわらない。

相変わらず、低音の力量が無い。中域〜高域も音のピークはよく聞こえるが、余韻というか響きがものたりない。空間がせまい。

 

最後に11発機。

これには驚いた。凄い透明感。BAらしく線は細いが細かい音まで聞こえて、いきなり透明感や空間、表現力が広がる。BAドライバは欠点も多いが、このレベルの透明感を目指して多ドラ化するのなら、特徴がよく活きると思う。これならダイナミックドライバと勝負できる。繊細さや透明感を楽しく頂ける。ただし、線が細い。ジャンルによるが良質なダイナミックドライバと聴き比べたら、飽きるだろうな。

 

この11発機には、10ミリのダイナミックドライバも入れているから、ホントは少し違うのかもしれないが。。。

d( ̄  ̄)

 

 

久しぶりにBAドライバを聴いた。

結果としては、BAドライバの音の細さが目立つ結果となった。だが、この音の細さはデメリットでもありメリットでもある。

ダイナミックドライバで多ドラを進めると、濃厚になりすぎる事があるが、BAなら単純に音数が増えていく。

すなわち、BAなら多ドラ。

 

まぁ、私の耳では正解など分かる訳もないが、

多ドラを狙うより、良質なダイナミックイヤホンの方が楽しく聞けると思うのだが。

いつのまにか、ダイナミックドライバ信者になってしまったな。。(^ ^)