自作備忘録(カスタム IEM 自作)

イヤホン カスタム iem 自作

雑談

SENNHEISER のMOMENTUM 

f:id:domingo55:20190419210914j:image

昨年の冬に発売されて、まぁまぁの音質との評判。だが、イーイヤなどでは中古に溢れてる。

買いどきなんだろうなと、眺めていた。

f:id:domingo55:20190419211037j:image

一度手にとってみてみたが、ケースの作りや充電端子の位置とかを観察していると、これってカスタム化できると感じた。

全体をシェルで覆うのではなく、カナル部分を中心に必要最小限だけシェルに入れる感じ。

ケースにも少し改造は必要かもしれないが、そんなに難易度は高くない。

 

そこで、ワイヤレスホンのある生活を想像してみたのだが、、、どうも私の場合しっくりこない。使いどころがない。

少々不便でも音質重視で、音にのめり込みたいな。d( ̄  ̄)

 

でも、運動するときにはいいかもしれない。

また、運動を始めたら作ってみるかな。いつになるかわからんけどねーーー。

 

f:id:domingo55:20190419211835j:image

あと1ヶ月ほどで、岡山生活が終わりそう。

いい街だったな。

 

HS1003 カスタム②

f:id:domingo55:20190415052909j:image

内部をレジンで満たし、フェイスプレートをつけた。

先日、UVライトを交換したおかげで作業時間は短縮されたと思う。

最近の作品では、筐体をそのまま使うことが多く、結構重さがあるので、錘は追加していないが、低音域に不満はないかな。

f:id:domingo55:20190415053323j:image

試聴。出音は満足いくレベル。

意外にもDITAのANSERに近いレベルの楽しさがある。解像度は申し分ない。空間も広い部類に入ると思う。ただし、xdp-30r で聴くとqp2r に比べて低音のアタック感が弱くなる。まぁ、そこは仕方ないかな。

レジンの完全硬化を待って、チューニングするのが楽しみだ。(^^)

 

ところで、、

qp2r を使い出して、イコライザやエフェクト機能を使わなくなった。電車の中などでは、補正してやる方が楽しいと感じていたが、適正に音が出せれば、低音や高音の量はあまり問題にならないと感じる。

そういうバランスより、空間の質感を感じられる方が楽しい。

そう感じだすと、xdp-30r でもイコライザを使わないから不思議だ。xdp-30r では、空間表現はqp2r に遠く及ばなく、ずいぶんと平面的になる。スネアやピアノの音も機械っぽくなってしまう。

しかし、電車の中でボンヤリ聞くぶんには使いやすい。まぁ、使いどころがあるってことだな。( ̄^ ̄)

 

 

 

雨の休日。道路が混み混みで、予定がなかなか見通せなかった。massaさん!また今度!

 

 

 

HS1003 カスタム①

f:id:domingo55:20190414010750j:image

とてもポテンシャルは高いと思うのだが、ちょっと複雑な作りになっている。

カナル先端部。なんと、内径が一般的なものより太くなっている。高音の伸びを狙っていると思われる。ここを太くすると高音や空間は随分と変わる。しかし、おそらく高音が出すぎたために、スポンジが詰められていた。スポンジを入れると、せっかく太くした内径の効果はほぼなくなってしまうと思うのだが、他の効果があるのだろうか。

例えばソニーのex1000などは、カナルの内径は一般的な太さとしつつ、スポンジだけ入れている。ソニーは企業力でチューニングの過程での仕様変更もこなせるのだろう。

まだまだ、知らないことが多いな。まっ、ゆっくり研究してみよう。

 

f:id:domingo55:20190414011402j:image

私はスポンジはできるだけ使いたくないので、カナル内径は少し細く変更する事とした。

上の写真は、カスタムシェルにはめ込んだところ。今回もなかなか位置決めに時間を使った。片側1時間は使ったと思う。

カスタム化では、この位置決めがとても大きなポイントになると感じている。当然、左右で形が違うので、角度や深さ。完成時の格好良さなどを決める作業は、かなり難しいと思う。。

まぁまぁ、狙った感じに位置が決まった。

疲れたけどね〜(−_−;)

 

f:id:domingo55:20190414012104j:image

内部配線については、今回はオーグラインはやめた。筐体の穴を通すため、単線では難易度が高すぎると判断した。

f:id:domingo55:20190414012223j:image

もう一つ苦労したのが、バックプレート。

本来であれば、ノーマルのモノを加工して使うところだが、今回は片側が紛失している。

かなり色々試した結果、ワッシャーを加工し、磨き込んで使った。バツグンではないが、まぁ、正解かな?

 

今宵はここまで。

この状態で出音を確認したが、低音〜高音のバランスはなかなか優れていた。スポンジは入れていないが、カナル内径のセレクトは間違っていなかったようだ。。(^^)

てか、かなーり、いい音してるような。

 

f:id:domingo55:20190414012727j:image

大阪では、まだ桜がいい感じ。

朝から、ウグイスが鳴いていて、ホッコリした一日だった。

 

 

 

 

 

 

Acoustune Resonate HS1003

f:id:domingo55:20190412211454j:image

DITAのANSERを作ったばかり。

もう最高に気持ちよくて、もうしばらくイヤホンは作らないのじゃないかと、思ってしまっていた。。

だが、そこは、さすがに。。。

出物があると止まらなくなる。(๑˃̵ᴗ˂̵)

f:id:domingo55:20190413002442j:image

Acoustune Resonate HS1003

以前から気になっていた。ちゃんと聞いた事もなかったのだが、ジャンクがうまく手に入った。d( ̄  ̄)

 

ネットでは個性的だが、ポテンシャルは高いと評されることが多い。

f:id:domingo55:20190413002617j:image

だが、ジャンク故に、筐体が壊れている。と言うかバックプレートがなくなっているだけ。

出音は普通なはず。

f:id:domingo55:20190413002719j:image

ドキドキしながら視聴。

比較はDITAのANSER。

 

1番の違いは低音。ANSERの方が下まで出る。深い部分はANSERの方が出ている。だが、不足するわけではない。ベースラインに限定して、明瞭に鳴っている。これはこれで正解。嫌いじゃないというか、こういうイヤホンも欲しい。

上は、同等かな?と言うか質が違う。HS1003の方が、線が細く解像度「感」に優れる感じ。

 

と言うわけで、おもしろいと感じた。

カスタム化してみることにする。

(^^)

 

f:id:domingo55:20190413003255j:image

テキパキと準備完了。

今回も、インディゴブルー。めちゃ気に入ってるな。。。d( ̄  ̄)

 

さてと。どんな音になるかな?

 

 

 

 

DITA ANSER リシェル①

f:id:domingo55:20190406175320j:image

数年前に組んでいた。DITAのANSER。

改めて聞き直したら、ものすごくqp2r に合う。BA機を蹴散らすほどの解像度、広い空間は当然として、中域の太さがとても心地よい。全体としては元気な印象だが、小編成のジャズなどにもとてもよく合う。

だが、当時の私の技術では詰めが甘いところが沢山あって、どうも納得できない。

配線は緑化したものをそのまま使ってるし、筐体の色がゴールドのまま。何より、ドライバの位置をもう少し寄せれるはず。

そこで組みなおすことにした。

f:id:domingo55:20190407222024j:image

いつものように分解。

うまく取り出せたと思う。

f:id:domingo55:20190407222100j:image

次に筐体に磨きをかける。写真下は磨き後。

アルミだと思っていたが、アルミより硬い印象。ステンでも無い。なんだろ???

また、筐体の角を落とし、シェルに収まりやすくした。カナル部は前回組んだ時に短くカットしている。これは、大正解だと思う。

カナル部が長いと、ドライバ位置を追い込めない。

f:id:domingo55:20190407222151j:image

シェルは前回に引き続き、インディゴブルー。

筐体を磨き込むのに結構時間がかかってしまった。当然、リューターを使っているが、傷がなかなか消せなかった。

f:id:domingo55:20190408053128j:image

位置ぎめ。このドライバは、結構低音が多めなので音導管は太めのものを使う。ドライバの位置ぎめには結構時間を使った。左右の角度を揃えて、位置を前作より数ミリ鼓膜に寄せる事ができたと思う。

f:id:domingo55:20190408053706j:image

今回から、内部配線を変更した。オーグラインプラスαの単線。

数センチ程度の配線では、音の変化は感じられないとは思うが、逆に数センチだとコスト的にはたいしたことないので、まぁ、こだわりの1つとして。d( ̄  ̄)

しかし、この単線というものは結構扱いづらい。曲げる角度がきつくなると簡単に折れてしまう。何度かポキッとやってしまった。

 

 

f:id:domingo55:20190408054313j:image

最近の私の作品では使いまくっているフェスプレートをつけてとりあえず、完成。

まだ、細部が荒いが時間をかけて詰めていこう。

 

f:id:domingo55:20190408054441j:image

かなーり、いい感じ。

やはり、DITA ANSERは絶対名機だとおもう。d( ̄  ̄)

 

 

 

 

 

 

 

 

イヤホン考

qp2r で聴くと、イヤホンの評価が明確になる。

f:id:domingo55:20190406172839j:image

final e3000カスタム。

見た目も含めて、最高傑作の1つのつもりだったが、qp2r で聴くと、DITA ANSERや、IE800、SONY ex1000 との差が明確に感じられた。

透明度が段違いに深い。。。

 

dap の性能により、イヤホンの性能差がより明瞭になるように感じる。。。

まだまだ、世に言う「名機」までは届いていないようだ。

若干落ち込みつつ、次の手を考えよう。

d( ̄  ̄)

 

f:id:domingo55:20190406175047j:image

UVライトの「電球」を交換した。

ライト自体は明るくても、一定の照射を行うと、紫外線が出なくなるようだ。

新しいものに交換したら、途端に色づきシェルでも短時間に硬化しだした。

d( ̄  ̄)

やれやれ。

 

 

qp2r ③

f:id:domingo55:20190406110008j:image

両面テープで止まっているだけなので、普通に復旧できた。

 

ボリュームのエンコーダーは、壊れている気がしない。もっと、ソフト的なトラブルなんじゃないかと、初期化したり、アップデートしたり。。

だが、まだ改善しない。。

困ったな。d( ̄  ̄)

 

とりあえず、代理店に修理の見積もりを取ってみて考えたいのだが、代理店さんは返事をくれない。。

 

困ったものだ。

でも、どんどん音に引き込まれていく。

qp2r、良い音だな。。

 

f:id:domingo55:20190406110421j:image

大阪も満開だ。

d( ̄  ̄)