自作備忘録(カスタム IEM 自作)

イヤホン カスタム iem 自作

Creative EP-AVNAIR カスタムなど

 

f:id:domingo55:20200217074926j:image

クリエイティブのEP-AVNAIRをいじってみる。

カナル型ではないので、色々な部分の考え方が違っているようだ。

先ず出音。

耳に密着させない、密着できない状態で音を出すため、当然低音が抜けまくる。このため、低音をかなり派手に出している。また、高域がかなり弱い。聞こえてはいるものの、最近の「ハイレゾ感」を意識したイヤホンとはかなり違った印象。少し物足りなく感じる。

また、中域、特にボーカルあたりもかなり強調してある。これも耳に密着させないで聴く場合に、ボーカルが遠くならない様にしているようだ。

f:id:domingo55:20200217075403j:image

特徴的な造りとして、音抜き穴。

穴というよりもうほとんど開口部。かなり大きく開けている。

 

f:id:domingo55:20200217075537j:image

分解。

接着剤で軽く止まっている程度。

作り自体は悪くないのだが、最近のイヤホンとは大きく異なる。古いアルティメイトイヤーズのイヤホンをバラした時の感覚に近い。

この時代、接着剤の使い方やフィルターの使い方など試行錯誤段階だと感じる。「密閉」という意識が低いようだ。

 

また、ドライバ背面の穴の多さに驚いた。開放してしまおうという開け方だと思う。

ここの処理は全体の出音に大きく影響していると思う。

 

f:id:domingo55:20200217075909j:image

カナル型ではないので音の取り出し方法が問題となるが、今回は写真の位置をくり抜き、パイプを接続して取り出すことにした。

高音が欲しいので、もう少しドライバの中心から取りたいが、カスタムシェルの大きさ的にこの場所が限界かな。

f:id:domingo55:20200217080042j:image

カスタムシェルに入れたところ。うまく入ったが、かなり苦労した。

パイプは5ミリを使って、ドライバとの接続はレジンをつかった。

f:id:domingo55:20200217080747j:image

フェイスプレートを付けない状態での出音。

イヤホンを装着しても、密閉感が全くないことに驚いた。外音がほとんどそのまま入ってくる。

ドライバ背面の穴が影響していると思う。

出音は驚くほど開放的。楽器も左右に大きく配置されるのだが、EX1000ほどは極端ではない。

でも、あくまで空間が広いというより開放的。

細かな音を完璧に再生することから生まれる空間というより、気持ちよく響かせてやる事で自然と生まれる見晴らし?的な感じだと思う。

これはこれで気持ちいい広さ。

 

ただし、この状態では高音が全く不足する。また中域が刺さる。チューニングしないと使えない。

f:id:domingo55:20200217081623j:image

フェイスプレートをつけた。

今回はシンプルに真っ黒にした。全然悪くない。

(^_^)

完全密閉状態では、遮音性が確保できたが、開放感が少なくなってしまったので、音抜き穴で調整した。今の段階では0.6ミリとした。

 

出音は、まだ中域がかなりキツい。

また、高域も全く不足。

ドライバ背面の穴を調整してやると改善すると思うのだが、開放感が少なくなり、他のイヤホンと一緒になってしまう。。。

 

f:id:domingo55:20200217081924j:image

試しに、イコライザで調整してみた。

1k付近をガツンと下げて、4k以上をガツンと上げると、かなり気持ちよく聴けるようになった。

xdp30でも全然悪くない。

めちゃくちゃ広い空間と、しっかりした低音。解像度はxdpが補ってくれているようだ。

もう使わないだろうと思っていたDAPだが、イヤホンによっては充分楽しい。外出用として気軽に持ち歩くのには悪くないと思う。

このイヤホンはxdp30専用としてこのままで使うことにした。

 

〜後日〜

電車の中で使ってみた。

遮音性がかなり低い。車内アナウンスまで聞こえてくる。ここまで遮音性がないのは、カスタムイヤホンでは初めてだ。

だが、、全く悪くない。低音が強力なのでノイズに負けてない。ちゃんと音楽に集中できた。

 

空間の広さはどうやって作ればいいか、長く悩んでいたが、回答の1つを得られたと思う。また、カナル型やオンイヤー等の種類により音作りが基本的に凄く変わることもわかった。多分、ヘッドホンのドライバでも同様の傾向があるのだろう。

 

今回の作品は勉強になったな。

d( ̄  ̄)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今後の方針  ドライバの口径

f:id:domingo55:20200212081924j:image

イヤホンのドライバの口径は、5ミリ程度から、16ミリ程度までが一般的。小口径の方がレスポンスや解像度が高く、口径が大きいほど低音が出る印象。

最近の主流は間違いなく10ミリ。低音も出しやすく何より耳への収まりが良く、筐体のデザイン自由度が高い。

だが、低域があまりでない。ベースラインあたりをノリ良く聴くなら問題ないが、更に下から空間表現を伴いながら聴きたいならイマイチに感じる。16ミリやヘッドホンの音を聴くとそう思える。

 

スペックだけ見ていると、大口径化するとスピード感や解像度が劣るような「気がする」のだが、実際はヘッドホンでは40ミリやら、50ミリのドライバが普通に使われている。だが、解像度不足などは言われない。ホームのスピーカーなら50ミリのドライバなんて小型の範疇。低音が出ないなどと言われることはあっても、解像度が不足するなどとは言われない。

 

ここ数年、5ミリクラスのドライバから、10ミリ、16ミリと口径を上げてきたわけだが、まだヘッドホンと比べると空間表現には大きな差がある。

鼓膜からの位置や密閉度も考慮すべきだが、特に低域の余裕感が全然違う。

 

 

10ミリ以下のドライバでは到達できない世界があるはず。。そんな想いが大きくなってきている。

d( ̄  ̄)

 

 

f:id:domingo55:20200215135542j:image

10ミリ以上のドライバで、これまでに作りきったと思えるのが写真の二台。

どちらもSONY。左がEX1000、右が90EX。どちらも16ミリドライバなのだが、キャラクターが結構違う。

ベースライン辺りを力感たっぷりに聴かせる90EXに対し、EX1000はベースライの下から豊かに鳴らす事を目指しているような音作り。

聞くジャンルによっては90EXの方が良いだろうが、ジャズ的な大編成バンドをよく聴く今では、EX1000の方が楽しめる。

 

ベースラインあたりに集中するのではなく、かなり低いところから豊かに正確に鳴らす事を目指してみようと思う。

そのために大口径化に取り組んでみようと思う。

d( ̄  ̄)

 

 

f:id:domingo55:20200215141200j:image

以前何度か、ヘッドホンのイヤホン化に取り組んだ。当時はどんな感じになるか試したかっただけなので、持ち歩きの不便さからすぐ辞めてしまっていた。

だが、改めて聞き直してみると、なかなか低音域の空間が広い。40ミリ程度なら、ヘッドホン用の優秀なドライバが沢山あるはず。

だが、大型化は避けられないため、16ミリ程度から知見を貯めていこうと思う。

 

f:id:domingo55:20200215141659j:image

大型化の第一歩?としてイヤホンを買った。

Creative の

Aurvana Air EP-AVNAIR

カナル型のイヤホンではなく、「開放型」と言われるもので、口径が15.5ミリと大きく、評判がそこそこなので選んでみた。

さて。どうなるかな?

 

 

 

 

 

 

チューニング新メニュー?

f:id:domingo55:20200211202023j:image

秤をかった。

Amazonで千円ちょっと。0.01グラムまで測れて、何やら凄い作業ができそうな気がする。。。

って、そんな重量コントロールできないだろうけどね。

d( ̄  ̄)

 

f:id:domingo55:20200211202513j:image

金属のベアリング。

f:id:domingo55:20200211202537j:image

音導管の先端に配置した。

音導管の太さを調節する目的と、ゴミの侵入防止。さらに言うなら、カッコ良いかな?と。

d( ̄  ̄)

音はあまり変わらず。

若干、低音が締まったような気がする程度。

IG955 で実験してみたい。

 

 

f:id:domingo55:20200211222216j:image

ひさしぶりの夕焼け散歩。

天気の良い1日だった。

(^ ^)

 

 

IG955やら、チューニング法やら。

f:id:domingo55:20200211123031j:image

IG955 のチューニングを進めた。

見た目は全く変わらない。もうEX1000の時よりは悩みは減ったかな。

d( ̄  ̄)

 

このイヤホンに限らず、一般に、低音の量を左右で揃えてやると、いきなり低音域が沈んで気持ち良く聴けるポイントがあると思う。

イメージとしては、例えばプレーヤーの左右バランスを調整する。左右どちらかに寄せていくと低音が中心になり、前に出てくる部分があることに気付けると思う。音量自体を増やしたわけではないのだが、低音を意識しやすくなる左右バランス。当然、高音域等他の音はは左右どちらかに偏っているが、低音だけに限って聴くと感じ取れる音楽性は格段に向上する。

ピントを合わせるとは、そういった作業を各帯域で調整する作業だとわかってきた。

 

f:id:domingo55:20200211124040j:image

友人は、スピーカーオーディオの人なのだが、最近トルク管理でかなり驚いたようだ。

写真はトルクドライバ。小さなレンジのトルクを管理できる。スピーカーの固定ネジを全部しっかり揃えてやると音が激変したといっていたが、その雰囲気や、変化がとても理解できる。

 

f:id:domingo55:20200211125256j:image

カナル先端部の穴の内側をほんの少し削るだけで、音の雰囲気、空気感が変わる。

写真の青丸の中。先程削り出した部分。これだけで空間の広さが変わる。左右で音を聞きながら少しづつ、削りながら整えていく。

トルク管理とは違った部分を意識しているのだと思うが、音はほんの少しの物理的な差ですごく変わっていくと思う。

 

 

IG955 。

安物だし、本来嫌いなはずの2ドラ機なのだが、すごく良くなってきた。

空間の広がりは高級機と同等。加えて中域に独特のスッキリ系のキャラがある。高音部にすこーーしだけ歪む部分があるようにも思うが、2つのドライバの繋がりが悪いのかな?でも、普通に聴くなら気にならない。むしろ、全体の雰囲気の良さに感心する。

AKG、凄いメーカーだな。

d( ̄  ̄)

 

 

 

IG955 分解とカスタム

f:id:domingo55:20200210074810j:image

出音が意外に良く、構造を探りたくなった。

分解に着手。

d( ̄  ̄)

 

まず驚いたのが筐体の外側にゴムが被せてあった。スマホ付属品として適当な作りなんだろうと思っていたのだが、それなりの配慮が見て取れる。

 

f:id:domingo55:20200210075030j:image

ゴムを外した後、から割。

見慣れたシングルドライバではなく、ダブルドライバだった。写真黄色い部分付近に2つ目のドライバ用の配線が回っていた。

配線は接着剤で固定してあり、これ以上の分解は断線の可能性が高いため断念した。

しかし、極小の抵抗もあり、ちゃんと考えて作られている事がわかる。

 

f:id:domingo55:20200210075406j:image

その他も分解。

ケーブル付近は、極小のビスで固定されている。SONYのイヤホンではよく使われる手法。それなりにコストがかかっている。

 

f:id:domingo55:20200210075752j:image

ここまでバラせば、カスタム化は容易な機種だったので、カスタム化してみた。

ノーマルの音導管は、約3.5ミリ。今回は空間の広がりの向上を狙って4ミリとした。

私は左耳の音量が小さくなりがちなので、今回は若干、左耳のドライバのみを、2ミリ程度深く配置した。

他のイヤホンとの区別がつきやすくするため、AKGのプレートを外からは見えない内側に入れてみた。まぁ、悪くないかな。

カナルの先端部は、あまり変なことはせず、EX1000の最終形の仕様に近づけておいた。

 

f:id:domingo55:20200210080508j:image

フェイスプレートはcardasのケーブル色に似せてブルーとした。仕上がりは悪くない。

 

んで、問題はチューニング。

組んだ直後は各楽器の場所がバラバラなのだが、これを整理してやる。

今回は、先ずはプレーヤーの左右音量バランスで少し左耳に寄せてやってから作業をスタートした。

EX1000で散々苦労していたので、サクッと取り敢えずの場所を探ることが出来たと思う。

 

出音は、まだレジンが落ち着いてないので変わっていくと思うが、なかなか悪くない。

まず、ピアノやソプラノサックス等の音が綺麗に出る。これはEX1000よりも良いかもしれない。

高音〜低音のバランスは過不足なくちゃんと出る。低音は意外に下から出るのだが、EX1000よりは浅いかな。でもそのぶん、ベースのアクセントが明瞭に感じられ10ミリのダイナミックドライバらしい。

空間はちゃんと上下にも整理されており、見通しがいい。高音楽器は上の方、低音楽器は下方付近でボーカルを挟み込んでいる感じ。

この鳴りっぷりは、安物イヤホンじゃないと思うのだが。。

d( ̄  ̄)

 

 

苦労して組み上げても、気に入らなければ一度も使わない作品も多い。特に複数ドライバ機ではその傾向が強い。

IG955 は、2ドラだがボーカルの上の方にすこーーーし違和感を感じることがあるものの、楽しく使えそうだ。(^^)

 

 

 

 

 

 

EX1000 その後

f:id:domingo55:20200208232430j:image

今週はEX1000を調整しなかった。

qp2r とcardasケーブル、そしてEX1000の組み合わせがとても気持ちよく、私の機器の中ではこれまでに無い楽しさをくれている。

 

中域辺りの空間が広々としていて、楽器が左右に大きく配置される。

低域楽器は、目線より下の低いところに配置され、多すぎず、だが残響を長く表現してくれる。例えばベースの音など、長く伸ばせば、少し唸りながらヴゥーーンと響くが、その唸りが感じ取れとても気持ち良い。

対して高音は、ちゃんと鳴っているものの、それほど特徴があるわけではなく、中域や低域を支えているだけの感じ。

だが、それで十分。カセットテープ世代としてはその方が馴染めるのかもしれない。

intime TI3やRHA CL750は高音の鳴り方が全く違うが、高音はそれらに任せるつもり。

 

f:id:domingo55:20200208233253j:image

ヘッドホンにも空間は負けないはずと、比較してみた。

DENONのMM400。まぁ、まともなヘッドホンはこれしか持っていないのだが。。

 

さすがに、空間表現は負けてしまった。MM400は、澄んだ空間に楽器が広く配置される感じ。だが、EX1000は、若干狭い空間にもっと近くに楽器が配置される。というか、楽器が「こちらを向いて音を出す」。

うーむ。どちらも良いなと言うのが素直な感想だが、イヤホンの限界かな?

d( ̄  ̄)

 

 

EX1000。

とにかく素晴らしい。チューニングをここまで持ってかれたのは我ながら感心するが、まだ先があるように思う。

0.01グラム単位とかで、レジン量を調整していくなど、マニアックな方法を探す必要があるかな?

(その話はまた今度。)

 

まぁとにかく、当面、EX1000が一番のお気に入り。

私の音の基本になると思う。

(^ ^)

 

f:id:domingo55:20200208234003j:image

ずっと育てているエアプランツが、紅葉してきた。

花が咲くのか?!

d( ̄  ̄)

 

 

EQ-IG955 AKG?

f:id:domingo55:20200208221039j:image

AKGは買収され、結局アジア系の企業の傘下に入ったようだ。。。

IG955 は、何やらスマホの付属イヤホンとして発売されており、ネットではあまり良い評価を得ていないように思う。まったく嘆かわしい。

f:id:domingo55:20200208221352j:image

構造もよくわからない。ドライバが2つ??あのAKGが??

だが、作りそのものは、チープ感はあるものの悪くない。

 

すこし悲しい気分で試聴してみると、、しかし、これがなかなか悪くない。

硬い低音が低いところからちゃんと響き、量が多めなのがすこし気になるものの、悪くない。

特に中域に変な脚色がなく、自然な響きで、とても心地よい。上下方向への空間表現もうまく、さすがAKGだと感じた。

 

スマホの付属イヤホンなんて作らされてるが、AKGの意地のようなものを感じた。

このイヤホンはもっともっと評価されても良いとおもうのだが、、、どうだろう。

機会があれば聞いてみて欲しい。

注!Amazonですら、偽物が多いらしいので、ご注意を!