自作備忘録(カスタム IEM 自作)

イヤホン カスタム iem 自作

intime 翔 聞いてみた

f:id:domingo55:20200919203941j:image

聴いた聴いた。d( ̄  ̄)

と言っても試聴のみ。

 

一聴してわかるほど、音作りが変えてあった。

なるほどね。渡部さん、そうきましたねって感じ。

これまでのintimeとは音のまとめ方が違う。ツイーターの音は全く主張せず、あくまでも自然な音作り。低音の沈み込みも十分楽しめる範疇だが、主張しすぎない。

録音されている音以上に何処かを主張させない感じ。最近、この事の優位性をすごく感じている。

オリジナルの音源以上に何かを主張させると、必ず何処かに無理が出る。多少は色を付けたいのに、色が濃くなれば濃くなるほど、代償もあるものだと。

d( ̄  ̄)

 

そして、翔のいちばんの特徴は、中域にある。

中域付近の音の響き。リバーブのかかり方がよく分かる響き方をする(詳細は9月8日のブログ「正確な音って何だ?」を参照してください。)。

この為、空間が奥にグッと広がり心地よい。

イヤホンを耳に突っ込み音を出した瞬間に、この空間がこれまでのintimeとは全く違う特徴だと感じた。

 

だが、全体になにか、若干の違和感が感じられた。

楽器の鎮座する場所が、微妙に欲しいところからズレる。この感覚の正体は分からなかったが、エージングが進んでいないのが、耳への装着方法が悪かったのかな?理由はわからなかった。

 

〜まとめ〜

intimeの音作りの変化を感じられて、今後の発展の可能性を十分感じられた。今後、進んでいく音の方向にも共感できた。

 

しかし、今回の翔は多分買わない。価格が高いのもあるが、最近使っているイヤホンたちと音の方向性が似ているから(アシダホンEA-HF1 カスタムと、同じ方向だと感じた。)。

d( ̄  ̄)

 

なんてね、購入してじっくり聴き込むとまた違った感想になるとは思うが。

 

 

 

 

 

 

 

 

Cayin N3Pro 通りすがりに試聴。

f:id:domingo55:20200914081352j:image

Cayin N3Pro。最近発売され、真空管が搭載されている他に、バランス接続回路もあり、なかなか評判とのこと。

気になっていたので、試聴した。

手持ちの機材の関係で、3.5ミリジャックしか試せていない。つまり、真空管のみ試聴。バランス接続はまた今度。

 

自分のSDカードは使わず、試聴機の中の音源のみ。

イヤホンはアシダホンEA-HF1 カスタム。

まぁ、通りすがりにサラッと聞いた程度。

 

残響音を長く鳴らす感じが印象的。但し、ボーカル等の前に出したい楽器はぼやけることはない。解像度も問題ない。

また、空間は中域付近を中心に深い。AKのように上に突き抜ける感じではない。

結果として、とても柔らかい空間を聴いているという感想になる。アニソンやハードな曲など、鮮烈でスピード感が欲しい人には関心が持てないと思うが、スローな雰囲気を求めるときにはいいと思う。

 

操作性等は、qp2r を使い慣れてる私からすると、神級に使いやすい(まぁ、そりゃそうか。)。大きさも手頃。

 

安いものを買うつもりはないのだが、ちょっと気に入ってしまった。

何度か試聴してみようと思う。

d( ̄  ̄)

 

 

チューニング、あれこれ

f:id:domingo55:20200914074921j:image

DITA dream のカスタムに手を入れた。

イヤホン筐体とシェルの接触する部分を極力少なくしながら、シェルの厚みを少なくした。

f:id:domingo55:20200914075056j:image

角度をかえたところ。

薄くなったのがわかると思う。

アシダホンをチューニングする際に、接地面を調整する事で、低域の力感が大きく変わったので、その応用。

というか、この方が断然格好いい。。

フェイスプレートも変更して黒っぽくした。

やっぱり、このくらいの色目が格好いいと思う。

 

出音は変わった。

劇的に変わったわけではないが、低音の深さが変わったと感じる。

低音が変わると中域の張り出しも少し柔らかく感じられ、音量を上げやすくなった。

 

こういうちょこっとしたチューニングを積み重ねていく事で、完成に近づいていくんだともう。

まぁ、焦らず、ゆっくり進めていきたい。

 

 

 

対してアシダホン、EA-HF1 。

空間の広さはDITA dream と同等。表現力も劣らない。

ただ、ベースラインの質感がちょっと気になる。ベースの輪郭がほんの僅かにボヤける。

悪いわけではないのだが、「弾けるようなベース」にはならない。

制振の塩梅で変えられると思うので、ノーマル筐体の部分に少しづつレジンを追加して変化を見ている(写真だと分からないくらいなので、省略)。

 

 

 

f:id:domingo55:20200914080245j:image

やっと少し涼しくなってきた。

今年の夏も異常に暑かったな。。。

d( ̄  ̄)

 

 

 

正確な音ってなんだ?

例えば、自分で作った曲をバンドで演奏する。

マイクを数本使って楽器ごとに録りわける。ミキサーを使って各楽器のバランスを調整する。それでも楽器の音はカブりまくる。それだけでは全然スッキリしない。

そこで楽器別に、軽くリバーブ(残響音を遅らせる効果。乱暴に言うとエコーみたいなかんじ。)をかけてやる。いきなり音が整理されて聴きやすくなる。

バーブにより、楽器は前後に配置される効果が出せる。(カラオケのエコーのように盛大に音を響かせたりはしない。)ドラムなど後ろに立たせたい楽器には深めにリバーブをかけ、ボーカルなど前に立たせたい楽器にはあまりかけない事が多いと思う。

 

バーブでうまく調整してやると、ラジカセなど低品質な再生機器で聴いても、音が断然聴きやすくなる。d( ̄  ̄)

 

 

さて、そこでイヤホンの話。

自作的にイヤホンの音質を語る上で、「音の響き方」は外せない。

 

ヘッドホンや昔のイヤホンなどでよく見かける手法に、ドライバの背面を大きく開けるというものがある。ドライバの背面を開放すると、ボーカルを含め高域から低域まで全ての音が響きだす。響いて欲しくない音まで遠くなり、手法としてはかなり間違っている。楽器ごとに響き方の深さは違うはずなので、正確な音とは言えない。そもそもトンネルの中で聴いているようになり、気持ちよくない。

 

一方、高い解像度で細かい音まで表現するとどうなるか?なるほど、空間は若干広くなり楽しく聴けるようになる。

だが、まだイマイチ。楽器の細かな響き方、リバーブの違いは伝わってこない。

解像度を上げると細かな残響音の響く長さは短くなる傾向が強いと思う。その事が、空間は感じるものの、音を平面的にしてしまっていると感じる。解像度の追求ではなく適切な制振に鍵があると思う。

 

アシダホンEA-HF1 。

まぁ、普通のイヤホンなのだが、こいつがその回答を見せてくれる気がする。

解像度も低くはないのだが、とにかく、中域付近の楽器が見事に「響く」。

f:id:domingo55:20200908081515j:image

普通に組んだだけではこの音は出なかったが、その後、レジンを少量追加しながら制振の塩梅を変えていっている。

だいぶ、素晴らしい音になってきた。。

他のイヤホンの多くで、響きが平面的でつまらないと感じてしまっている。。

 

多分、レコーディング時のリバーブの深さをちゃんと表現できる事も、「正確な音」の重要な要素なんだと思う。

 

f:id:domingo55:20200908082136j:image

RHA T20 のチューニングも進めてみた。

音導管の太さを変えたり、音抜き穴を変えたり。

f:id:domingo55:20200908082258j:image

ステンレス筐体でガッチリ固めに制振してあるのだが、そのせいで音が短く、近く聞こえる。これはこれで良質なのかもしれないが、今の私には合わないかな。EA-HF1 と聴き比べると、空間の響きの差に物凄く差がある。

 

 

 

とまぁ、今週はこんな感じ。

忙しすぎて、人格崩壊を防ぐのに必死。。

d( ̄  ̄)

 

 

 

 

 

 

 

 

RHA T20 第2章①

f:id:domingo55:20200831074925j:image

 

EA-HF1 カスタムは大成功だったと思う。カスタムシェルとノーマルの筐体との接触部分の作り込み方で音が大きく変わる事がよくわかった。

また、カスタムシェル自体の造形も、もっともっと自由でいい事がわかった。

写真は、横から見たところ。カスタムシェルは、かなり薄く、丸く整形できた。

 

f:id:domingo55:20200831075034j:image

そんなわけでRHAのT20である。

数年前に音質が気に入り二台も購入した。だが、ほとんど使っていない。。。

この当時は、カスタムシェルの中に入れてしまう事に拘っていた。多少はみ出させる事も意識はしているようだが。。d( ̄  ̄)

音は低音がスカスカ。また、高音域はよく伸びるので、作り方によっては気持ちよくなるはず。

 

f:id:domingo55:20200831075314j:image

筐体はステンレスなので、分解は簡単。一番硬いレジンでガチガチに固めていた。

 

f:id:domingo55:20200831075408j:image

新しいシェルに入れる。

EA-HF1 の時の考え方を参考にカスタムシェルは、極力薄くしてノーマルの筐体の形を活かさられるように考えてみた。

まあ、記事にすると一瞬だが、この形になるまでかなり時間を使っている。ちなみに、筐体のステンレス部分は磨き込んでピカピカにしておいた。

この状態から、試聴を繰り返しながら音を調整した。

 

①最小限のレジンで、音が漏れないようにだけした状態では、低音がスカスカ。。高域もなんだがキンキン。この結果は意外だった。もっと低音が盛大に出ると思っていた。密閉が不十分だったのかもしれない。

 

②最小限のグミレジンでドライバ筐体を固定。普通に低音が出だした。このイヤホンは筐体がステンレスでめちゃ重いので、ある程度固定する方が良いのかも知れない。

 

f:id:domingo55:20200831075707j:image

③ハードレジンで、フェイスプレート

この時点で普通の音になった。だが、低音量は物足りない。

思ったより格好良くならなかった。ブルーシェルがだめだったかも。。

 

f:id:domingo55:20200831080409j:image

取り敢えず音出し。

音はかなり鮮明に迫ってくるのだが、EA-HF1 と比べると空間があまり広がらない。特に前後に平面的。

この差はなんだ?レジンが固まるのを待ってもう少し考えてみたい。何か組み方悪かったか??

d( ̄  ̄)

 

 

EA-HF1 カスタム④

f:id:domingo55:20200824075101j:image

チューニングに着手した。

先週組み上げてから1週間の音質変化は、いつものカスタムイヤホンと同じ。

レジンの硬化に伴って、じわじわと低音が締まっていく。

今回は少し締まりすぎた。もう少し低音が欲しい。

また、筐体全体のデザインも見直したい。ドライバユニットの約半分がレジンに埋もれているが、もっと見えるようにする方がカッコいいはず。

 

f:id:domingo55:20200824074824j:image

リューターやらカッター等でごりごりとけずりまくり、ノーマルの筐体の多くを露呈させた。今回はシェルの作り方を変えたので、冒険のつもりで初めての手法を使いまくった。良い経験になったな。

音も変わるだろうと予想していたが、とてもいい感じに低音域の量感が増した。

見た目、音質共に満足だ。d( ̄  ̄)

DITA dream 程の感動はないものの、ボーカルやベースは近く、差がかんじられる。現時点では、ローテーションさせても大丈夫だと思う。

あ。高音も上に上がってきて、上方向の空間が広がってきた。

 

 

低域の質感は、ちょっとしたことで大きく変化する。最近調整に使う方法は下記の3つ。

 

①カナルの太さ。

耳道に密着すれば良いと言うのではない。低音の力感を変えるために軽く密着させるか、キツく密着させるかで調整する。

当然、キツメに密着させる方が低音が沈むが、やり過ぎると耳が痛くなる。

 

②ドライバ背面の音抜き穴

大きくすると低音も増えるが、中域も引っ張られて増える。美味しい大きさの幅は意外に狭い。最近は味付け程度に触るくらいにやってきた。

 

③レジンの量(制振)

これが結構効く。レジンが少なめの方が低音の沈み込みは増える。但し少な過ぎると、変な響きが出てしまう。

 

まぁ、そんなEA-HF1 。俗に言うアシダホンをカスタム化したわけだが、かなりいい線まで行ったと思う。ノーマルとは鳴り方は変わったが、改造や調整に耐えられる、ベースの素材としてはかなり優秀な機種だと思う。

 

低音の力量と、かなりクセになる中域の響き。

素材としてはかなりお勧めかな。

( ̄^ ̄)

 

f:id:domingo55:20200824080719j:image

忙しすぎて身体がバキバキ。

やっとですこし散歩できた。

まだ、あついよねー。

 

 

EA-HF1 カスタム③

f:id:domingo55:20200817074046j:image

しっかし、忙しい。全く休みがない。。。

 

そんな中で作業を進めた。

シェルに蓋をした。

毎度、同じ作り方では進歩がないので、今回はフェイスプレートは無しとしてみた。

ノーマルの筐体が派手なのでうまく収まるとかっこいいと考えたのだが、微妙な感じ。

やはり、フェイスプレートはあるほうがいい。

f:id:domingo55:20200817074158j:image

今回はノーマルの筐体の高さが低かったため、シェルもかなり薄くしてみた。

格好は良いのだが、耳への脱着が多少面倒。まぁ、すぐ慣れそうだが。

 

レジンは4種類を使い分け、制振のしすぎがないように気を使った。

以前のブログで褒めすぎたが、EA-HF1 はノーマルの低音は多すぎたと思う。この低音が、このイヤホンの音を5000円の音にしている。緩いイヤーピースで聴くのなら良いバランスかもしれないが、キチキチサイズのカスタムシェルではそこまでは必要ない。低音をすこし抑えながら、解像度をもう少し上げたいと考えた。

作戦としては、音道管を限界まで太くしながら、ほんのわずかに制振し、低音を締める事にした。

 

f:id:domingo55:20200817074324j:image

 

さて、出音である。

制振のしすぎが心配だったが、許容範囲に収まった。出るべきところでドスーンと沈み込む。流石に15ミリもある大口径機だ。すこしチューニングしてやると左右バランスも問題ない範疇に収まった。

中域〜高域も問題なく、かなりの解像度。ちゃんと空間が展開する。作り方としては成功だったようだ。( ̄^ ̄)

 

ここからはこのイヤホンのキャラの話になる。

低音は、10ミリドライバと比べて深いところから出る。ボーカルのわずかに下あたりに鎮座してくれる。下方向の空間が広く整理され、見通しがいい。最近はこのバランスは好きだ。

ボーカルの後ろや左右の空間は、さすがに広い。但し、DITA dream の方が澄んでいる。DITA dream に比べると若干曇るが、曇ると言っても比較試聴しないと気付かないレベルだと思う。この辺りの空間表現は、10ミリドライバの方が正解に到達しやすいのかもしれない。

ボーカルや各楽器の輪郭はかなり明瞭。左右のピントを合わせられているようだ。

 

さて、特徴的なのが高域。明瞭に聴き取れて、量も適切。刺さりも全くないのだが、定位する位置が高くない。ボーカルよりちょっと上?くらいの場所で鳴る。頭の上の方でなる感じではない。

結果として、上方向の空間が伸びる感じがすくない。スカッと空が拡がる感じではないのだが、豊かな低音部分の空間もあり、しっとりと落ち着いている。

「落ち着いたイヤホン」とは、解像度が低かったり、音がぼんやりしているイヤホンに対する言い訳みたいに使われる事があると思うが、この子は全く違う。試しに色んなイヤホンと聴き比べてみたが、解像度、空間等、全く引けを取らなかった。基本性能は高いはず。

高い場所に立ち、低い位置で演奏されている音楽を聴いている感じ。見下ろしている感じかな?

 

上の写真は、最近作ったイヤホンと比較したところ。DITA dream にこそ負けるものの、かなり検討している。

大満足だ。d( ̄  ̄)