自作備忘録(カスタム IEM 自作)

イヤホン カスタム iem 自作

まだ、底が見えない

f:id:domingo55:20210410234934j:image

この2週間、ブログの更新ができずにいる。

決してサボっているわけではなく、これまで以上に時間を割いている。

 

dita dream。

毎日、仕事が終わってから寝る前、12に前後にチューニングしている。先ずは左耳の適正な位置探し。

現状より微妙に角度を変えたいのだが、なかなかうまくいかない。そこで、レジンを盛ったり、削ったりを繰り返した。

その度に、音は大きく変化する。基本、右耳は全く触らずに、左耳だけを調整してピントが合う塩梅を探す作業。

 

一度に大きく変更しすぎると分からなくなるため、毎日少しづつ。。。。

その甲斐あって、先程ようやくピントが合いだした。ストライクゾーンに入ってきた。

いきなり、空間がパァと拡がり、各音の粒が立ちだした。これは良い、すごく気持ちいい。

d( ̄  ̄)

 

sp1000との組み合わせだと、ミキシングのちょっとした塩梅も感じ取れて大変興味深い。

例えば、先日紹介した柴田淳の「紫とピンク」という曲。普通、バスドラやスネアは真ん中にあって左右に動かないことが多いと思うが、この曲では、間奏の部分とサビの部分、展開の部分など雰囲気に合わせてバスドラやスネアの位置が微妙に動く。ボーカルのジャマをしない位置に調整される。これまではなかなか気づかなかった手法だが、こんな細かな事もやっているのかと、感心した(私は動かない方が好きだけど。。。)。

 

まぁ、そんなことに気づく必要も無いのだが、それほど曲の雰囲気が伝わってくる段階に入ったという事。

d( ̄  ̄)

 

だが、まだ底が見えない。

もう少し突き詰めていくと、もっと素晴らしい音を聴かせてくれる気がする。

もう少しやってみるかな。

 

 

f:id:domingo55:20210411000352j:image

私の住む場所では、先日の雨で桜が散ってしまった。だが、今年は綺麗だったと素直に思えたかな。

次は紫陽花かな。

d( ̄  ̄)

 

 

音の角度(イヤホンの角度)

f:id:domingo55:20210329074220j:image

ditaのdream。

色々あったが、やっとで素晴らしい音と言い切れる音を出してくれるようになった。

カスタム化にあたり、若干、低音を強調しているののに加え、制振方法も変えているのでノーマルとは色々とテイストが違うと思うが、十分最高峰の音だと感じられる。

 

先ずは、解像度がとても高く、10発クラスのBA多ドラ機も比較にならない。解像度が高いと言ってもどこかの音が突出しているわけではなく、バランス良く全体につながる。

また、制振を「柔らかく」したため、音の角はノーマルより若干柔らかく、好みのバランス。

 

そして、低音がとても深いところまで沈み込む。ベースの音などは、目線の付近から発して、低い残響音は目線よりかなり下の方に向けて浸透していく。

低音の量を増やしたため、力感は十分。しかしボヤける部分は無く鮮明さが気持ちいい。

 

 

dreamは低音を出しにくいと言われるが、ここまで豊かに出せるとは思わなかった。また、キラキラとした高音がどこまでも突き抜ける感じは少なくしたが、その代わりにハイハットあたりの音のニュアンスが明瞭になった。ドラマーの細かな気分の違いも感じ取れるくらいプレイ内容が掴みやすく、大変楽しい。

d( ̄  ̄)

 

 

 

さて、これまで散々苦労していたチューニングが解決した理由はとても意外なものだった。

f:id:domingo55:20210329080150j:image

回答はイヤホンの角度だった。

イヤホンを耳に挿入している状態で指で角度を変えてやると音が変わることがある。

普通、指で角度を変える場合、指の振動や押さえつける圧力によって雑音が発生して変な音になってしまう。角度による音の変化を感じにくく、あまり重要視していなかった。

 

写真青丸の箇所にレジンを盛り、角度を変えてやった。角度によって音は結構変わる。特に鮮明さや音量、高音や低音のバランスに影響する。結果、イヤホン左右のばらつきをほとんど無くすことができた(ちなみに他のチューニングメニューはできるだけキャンセルしている)。

イヤピースを使うイヤホンでは、角度を強制することは不可能だが、カスタムイヤホンならでわのメリットだと思う。めちゃくちゃ効く。

 

 

ほんとに色々試したが、やっとで左右のピントが合った感じ。どんな曲をきいてもなかなか楽しい。満足度はかなり高い。

どうせ、どんどん新しいアイデアを試すんだろうが、とりあえずの完成かな。

d( ̄  ̄)

 

f:id:domingo55:20210329080959j:image

最寄駅の桜。

昨日は雨だったが、あまり散らずにいてくれた。

満開だな。(๑˃̵ᴗ˂̵)

 

 

 

 

 

紫とピンク

先日、柴田淳の新しいアルバムについて書いたが、かなり聴き込んでいる。特に「紫とピンク」という曲がめちゃくちゃ好き。ずっと聴いてると言ってもいいくらい聴いてる。

残念ながらYouTubeには上がっていないので紹介が難しいが、機会があれば聞いて欲しい。

 

また、オーディオ的には録音がかなり良い。同じ柴田淳のアルバムでも、これまでのものとはかなり違う。(これまでのものがこもっているように聴こえる。)

 

私はFLACを中心に聴くが、同じFLACでも、録音やミックスダウンの手法で全然音が違う。海外のモノでは良い録音は多いが、日本のものではまだ少ないと思う。

もっと増えてくれれば良いのだが。

d( ̄  ̄)

 

あと、こういう音を聞きたいので、暫くはワイヤレスには行かないかな。

カナルにコダワル(角度による音の違い)

f:id:domingo55:20210322075050j:image

アシダホンのチューニングがそこそこ仕上がった。

目線よりかなり下に低音が集まり、いい感じ。

重く深いが、もっさりしない。

d( ̄  ̄)

 

次にいよいよ、dita dreamに着手した。

先ず、現状の出音を確認。どうも上も下も狭く感じる。こんな音じゃなかったはずだが、なにが原因?変な感じだ。

dreamは苦労して組んだので、プラシーボで歪んで聞こえていたのかもしれない。。。。冷静に聴いていたつもりなのだが、本当にプラシーボなら、怖い現象だ。

(T-T)

 

カナル先端部を5ミリ程度カットして、先ずは耳道との密着を取り直す。

だがこれが、なかなか難しい。カナルが長い時は、とにかく太くすれば、隙間がなくなっていたが、ギリギリの長さを狙う場合は、耳道のカタチに合わせないと痛くなってしまう。

dita answerや、アシダホンの時はこの作業でかなり時間を食ってしまった。細かく削り、試聴を繰り返していく。早く、ベストに辿り着ければ、シリコンで型が取れるのだが。

 

f:id:domingo55:20210322122325j:image

そして、ここからがキモになるのだが。

最近、新しいチューニングメニューにたどり着いた。d( ̄  ̄)

 

カスタムイヤホンでは、カナル先端部は面になる。

この面の角度により音質が結構変わる。

私の場合、写真の青色の角度にしていくと、低音が出てきて、赤色の角度に近づけると高音が出てくる。これが結構いい感じで変わるので、左右のバランスを取るのにかなり役立つ。

この視点でチューニングを進めて、やっとで、楽しく聴けるようになったと思う。

ユニバーサルイヤホンでは使えない手法だが、、、

d( ̄  ̄)

 

dreamの音はやはりかなりよい

 

 

sp1000 アップデート注意

新しいバージョンが発表されたので、早速入れた。

なかなか機能が増えており、嬉しい限り。

 

だが、音が片耳からしか聞こえない症状がでだした。

再生を停止して、再度再生すると復活するのだが。。。。

 

 

皆様、ご注意を。

試聴など Noble Audio

f:id:domingo55:20210315081850j:image

Noble Audio SULTANを聴いてみた。

あまり関心がある訳ではなかったが、なんとなく目について聴いた感じ。

ハイブリッド機なのだが、静電ドライバを搭載し、事前に音を予想できないスペック。

値段は約36万円と、まぁ、ありえないレベルかな。

 

出音は、ちょっとびっくりするくらい印象深いものだった。低音の質感は、まぁそんなものだろうという感じだったが、中域から上がとても突き抜けており、どこまでも伸びるような気持ちよさがあった。

高域が印象的なイヤホンは他にも多いが、変にアクセントをつけて強調しているだけで、空間を押し広げるような良質なものは少ない。一方、この子は音は穏やかで変に強調することもないまま、空間を拡げながら良質な音が満たしている。

 

いやー。感心しました。(買えないけどね。)

d( ̄  ̄)

 

 

iBasso DX300も聴いてみた。

写真は省略。

そもそもiBassoの音にはそんなに悪い印象がない。

のだが、筐体のデザインがダメだった。特にボリュームの質感、デザインが。。。所有感を台無しにする感じだな。

 

音は、なかなか良かった。解像度や空間の広がりはsp1000に及ばないものの、これだけ聴くのなら、十分楽しめると思う。

まぁ、真剣に聞き込んだわけではないので、感想はまた変わるかも。

 

 

 

 

アシダホン EA-HF1

f:id:domingo55:20210315073739j:image

 

DITA answerの次は、アシダホンをいじってみることにした。写真はanswerとの比較。

カナル部を5ミリ程度切り詰め、フィッティングをとるだけで、内部構造等には手をつけない。

これまでに散々、色々試してきたので現時点では再分解するほどの理由はないかな。

 

f:id:domingo55:20210315074020j:image

写真下がanswer。写真上がアシダホン。

カナルは、だいたい同じような長さにできているのだが、太さや角度がずいぶん違う。音を聞きながらベストを探っていくとこうなった。

つまり、ここの部分の差で結構音に違いを出すことができる。今回は、右耳は驚くほど短時間でセッティングが出たのに対し、左耳はなかなか密着だが得られず苦労した。

理由は、カナル長が1ミリ程度不足していたことだった。

 

短いカナルでも、だいぶ遮音性が得られるようになってきた。これなら、電車でもかなり楽しい。

d( ̄  ̄)

 

さて、出音について。

アシダホン EA-HF1は低音が太くかなり下まで出してくれる。チューニングが甘いとボヤけてしまうのだが、きっちり追い込んでやるとベースラインの下の音をちゃんと聴かせてくれる。

例えばバスドラムの残業。「ドン」と主音が鳴った後で、僅かにバスドラムの胴が響く。小口径のドライバを使ったイヤホンだとこの音は聴こえていても鮮明さはない。

 

また、中高域は、とても鮮明。intimateの製品のように強めの「突き抜け感」はないものの、解像度が高くエッジも硬め。低音との対比キャラクター的に優れていると思う。

 

空間では、目線より下はベースの音が支配的に拡がる。空間は狭くはなく十分な広さを持っているのだが、空間の広さを楽しむというよりは、このベースの力強さを楽しむイヤホンだと思う。

かなり大満足だ。d( ̄  ̄)

 

 

このイヤホンは、少しチューニングを変えて色々試してみたい。あと数本買ってもいいかもな。