読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自作備忘録(カスタム IEM 自作)

イヤホン カスタム iem 自作

ダイナミック経過 10

f:id:domingo55:20170430182717j:image

ネットワークを、色々試してみた。

コンデンサは、タンタル

抵抗は2.3〜60オーム。

 

コンデンサの傾向

値が小さい方が、カット幅が大きく、高音域のみとなる。

意外に47μFとかも色気があってたのしい。

今回のベストは、33μFかな。

タンタルと、電解コンデンサの違いは、若干あったが、大きな差ではないと感じた。

フィルムコンデンサはまだ到着してないので、試していない。

 

②抵抗

今回の構成では、

2.5Ω、若干音量が下がる程度。

10Ω、音量が下がったのがしっかりわかる。

30Ω〜上。音量も、下がるが、篭り感もでてくる。

中域担当ドライバに噛ませて、中域を抑えるつもりだったが、今回はなくても良さそう。

 

 

そんな分析をしながら、色々ききくらべた。

抵抗なしのコンデンサのみ。33μFを5.5ミリドライバの2発のみに噛ませるのがいい感じだと思った。

10ミリドライバは2発とも並列。

5.5ミリドライバは、2発づつのペアにして、ベアの2発は直列。ベアの2組は並列にするとバランスがよかった。

 

だが、、、

ふとコンデンサ無しで聞き直すと、みずみずしさが段違い。空間の広がりも、解像度も粒立ちも全然よかった。

うーーーん。やはり、ネットワークを入れると音が劣化する。ネットワークに頼らず、最大限、物理的な工夫で音作りをすべきと感じた。

 

でも、せっかく色々買って作ったネットワーク。使わないのも勿体無い。小型のスイッチがあるので、それで切り替えることも考えたが、、結局スイッチそのものでも音が多分劣化する。

f:id:domingo55:20170430233241j:image

ネットワーク無しで組み上げた。多少中域が多めだがdpx1のイコライザを使う方がいい感じだとおもう。

多少レジンを流し込んで固定し、暫定のフェイスプレートを付けてみた。

f:id:domingo55:20170430233447j:image

無事にちゃんと音がなった。

組み上げて1発目の音出しはとてもドキドキする。

(@ ̄ρ ̄@)

ちょっと聞いた感じでは、とてもいい感じ。

f:id:domingo55:20170430233622j:image

今夜はもう少し焼いて寝よう。

出音の報告はまた、あした。

 

 

f:id:domingo55:20170430233705j:image

毎週夕焼けの写真を撮ってるな。

不思議と夕方に写真を撮ることが多い。

今日はよいお天気だった。

 (^o^)/

 

 

ダイナミック経過9

先週分解してしまったが、気を取り直して組み直し。

f:id:domingo55:20170430014509j:image

やっとで、シェルができた。

今度は壊したくないな(T . T)

f:id:domingo55:20170430014539j:image

低音ユニットの調整。

背面のフェルトを剥いで、音抜き穴を露出させた。ボールペンの先端付近の穴がその穴。

低音はボアつくこともなく、いい具合に量が増えた。コレで使ってみよう。

4発の低音ユニット全てのフェルトを撤去した。

 

f:id:domingo55:20170430014724j:image

また、低音ユニットのフィルターを交換した。解体前はイエローを仕込んでいたが、1番手抵抗値の低いオレンジに変更した。

聴き比べてみると今回の構成では、イエローだと低音がこもって聞こえ、オレンジだと透明感が増した。逆にオレンジより抵抗の小さいレッドでは、雑味が増えてしまった。

 

f:id:domingo55:20170430014916j:image

5.5ミリドライバの接続方法を変えた。

解体前は4発を直列に繋いでいたが、プレーヤーの音量が高くなりすぎた。iPhoneなら、ボリュームを振り切って、やっと普通に聴けた。

2発づつ直列に変更したら、普通の音量になった。抵抗値も考えないと実用に耐えないものになることを認識した。

f:id:domingo55:20170430015120j:image

やっと、組込み完了。やはり、ダイナミック6発はパズル並みの難しさだった。

今回は、高音域の改善を狙って、前回より5.5ミリドライバをカナルに近づけて配置した。

また、抵抗やコンデンサを入れられるスペースも確保できたと思う。(@ ̄ρ ̄@)

 

写真では分かりにくいが、ダイナミック6発って凄い迫力がある。フェイスプレート付けずに見て欲しい感じがする。o(^_^)o

解体を繰り返したが、少しずつ確実によくなっていっている。いい物に出来るといいが。

明日は、コンデンサと抵抗の組み合わせを考えてみよう。

 

f:id:domingo55:20170430015318j:image

オヤイデのケーブルを買った。

銅線の8本編み。102SSCには大変興味があったので、安さに負けて買った感じ。

でも太いな。取り回しもゲキ悪。とりあえず、イヤホンが落ち着いたら聞いてみよう。

 

f:id:domingo55:20170430015623j:image

秋葉原。大好きな街。もっと近ければ色々気楽に仕入れられるのにな。

 

コンデンサなど

f:id:domingo55:20170430013051j:image

抵抗やっとで、音質が良さそうなものがてにはいった。

f:id:domingo55:20170430013126j:image

タンタルコンデンサ

JHオーディオ、アンジーの中に入っていたものと多分同じと思って購入した。

f:id:domingo55:20170430013227j:image

ジーフォーから購入。ちっこいな。加工が大変そう。

f:id:domingo55:20170430013312j:image

タンタルはそこそこたまってきてしまった。

音は好きなんだけどな。

 

話は変わって。。。

yomogiさんのブログがとても面白い。根気よく調べてあって、たいへん参考になる。

http://customiem.blogspot.jp/2017/?m=1

 

その中でコンデンサの使い方について、詳しく書かれていた。

「バランス接続では、極性のあるコンデンサは危険。」うーーーむ。極性のあるコンデンサばかり買い込んでしまっている。(@ ̄ρ ̄@)

 

JHにもタンタルが使われているので大丈夫にも思うが、気持ち悪い感じは拭えない。

気がつけば、秋月電気でフィルムコンデンサを注文してしまった。

届いたら使ってみよう。(^o^)/

 

yomogiさん。ありがとうございました。

(^o^)/

 

 

ドライバ構成 新潮流

カナルワークスが、中域5発のICMを出すようだ。大いに共感する。

f:id:domingo55:20170425082642j:image

出典 カナルワークスホームページ

中域を多ドラにするとものすごく解像度が高く、透明感が上がると感じている。

BAでこれをやると中域キングになりそうだけど、試してみた感じではかなり好感が持てた。但し、楽しいかと言われると曲を選ぶと感じる。

現在取り組んでいるダイナミック機はこのカナルワークス機に考え方が近いと感じている。

「中域の魅力」を味わえるように。。

 

そんな事を考えていると、またビックリする機種が出た。

f:id:domingo55:20170425083205j:image

出典 イーイヤホンホームページ

約40万の金額には驚かない。片耳18ドライバと言う数も想定内。そんなもんだろうと思う。

驚くべきはドライバ構成。低域付近担当で16個もドライバを使っている!!

多ドラにすると、中域を減らすのに四苦八苦する。それを根本から見直してる。しかも、高域のドライバが極小。これで、解像度が上がるのか??

でも、この方向性は衝撃だった。

是非、研究してみたい!!

(@ ̄ρ ̄@)

 

ダイナミック経過8

昨日からの流れで、コンデンサの配置の仕方、大きさをいろいろ試した。配線を試せるキットは大活躍だ。これなら、色々な構成を簡単に試すことができる。

コンデンサーは、47uf程度が程よいかもしれない。これで組み上げるのもアリだが、、、もう少し低音が欲しい。空間ももう少し広くてもいい。組み直すとまた一から作業する必要がある。この音でドキドキできるかな?すぐ聞かなくなるのでわ?

色々悩んだ挙句、やはりドライバの構成や配線方法を見直したくなった。

f:id:domingo55:20170423223944j:image

右側は、シェルを割らなくても分解できた。

f:id:domingo55:20170423224018j:image

わかっていたが、左側はシェルを砕いた。

勿体無いけど仕方ない。

納得できないものを作っても聞かなくなるだけ。あと一息で完成体の音が出せるはず。涙を飲んでから割りをした。

f:id:domingo55:20170423224223j:image

昨日いい感じのジャンクを見つけていた。

このイヤホンは右耳にボリュームコントロールが付いていてそこが壊れていることが多い。ドライバは健全なはず。

f:id:domingo55:20170423224210j:image

このイヤホンバラすの何個目だろ?四つ目くらいかな?ものの5分でバラバラに。。

(@ ̄ρ ̄@)

このドライバーは今まで、程よく低音が抽出出来ている。今回はダブルで入れてみることにする。これで、5.5ミリ4発の圧力に勝てるかな?

 

f:id:domingo55:20170423225020j:image

最近、夕焼けが綺麗な日が多い。

癒されるなー。

(@ ̄ρ ̄@)

 

ダイナミック機 ネットワーク作成に向けて

f:id:domingo55:20170423005747j:image

ネットワークを考えるのは大変。

電気工作の知識無いから一から手探り。

まずイヤホンからケーブルを6本取り出した。

一応、低域、中域、広域のイメージ。メンドくさ〜(@ ̄ρ ̄@)

また、基盤キットを入手。日本橋の共立電気でワゴンで売ってて安かった。

f:id:domingo55:20170423010424j:image

小さい穴にこんな感じの線を突っ込んで回路を作っていく。抜き差ししながら、いろいろ試せる。

 

コンデンサは、2.2〜100ufまで、いろいろ揃えてたけど、今日の1番は2.2だった。

コンデンサは値が小さいほど、広域だけになる。100とか使うと結構豊かな低域が出てくる。逆に強調されている様な気がする。

タンタルコンデンサは、中域がすこし膨らむ?ちょっと独特の鳴り方だと感じた。

ニチコンコンデンサは、あまりクセの無い感じ。高域がキラキラして今回求めている音に近い。

 

f:id:domingo55:20170423010900j:image

抵抗の使い方はまだよく分からないが、JHアンジーから取り出した回路はとてもいい感じに高域がキラキラする。

黒いのは抵抗だよね?買ってきた抵抗を同様に繋ぐと音が小さくなる。抵抗値がデカイのかな?

もう少し、研究が必要だ。

 

今回は、5.5ミリドライバを4発も入れてるから、低域のダイナミックが負け気味になる。

低域を強調できるよな回路を組んでみたい。

 

だが、抵抗やコンデンサは確かに音に変化を付けられるけど、音導管の長さやドライバのセレクトの方が音に与える影響は圧倒的に大きかった。その意味では今までのアプローチは間違ってなかったと思いたい。

(@ ̄ρ ̄@)

f:id:domingo55:20170423011336j:image

今日の夕暮れ。雲一つない空が綺麗にグラデーションしてて綺麗だった。

 

あと、久しぶりに革を仕入れた。

f:id:domingo55:20170423011442j:image

もう1年くらい革で何も作ってないな。

そろそろ、新しい財布が欲しいところだ。

 

初歩的な特性の把握

f:id:domingo55:20170422010555j:image

イヤホンのケーブルを使って、片側6本のケーブルを作成。

品質とても悪いため作り直す必要あり。

(T . T)

f:id:domingo55:20170422011725j:image

適当につないで遊んでみた。

 

①抵抗

プラス側に入れてみた。

抵抗値が大きくなると音量が小さくなる。

この事だけでも十分使える。中域を抑えたいときに中域ユニットにかませるだけでいい。

多分とても初歩的なことなんだろうけど、試してみて楽しい。

 

コンデンサ

数値が大きくなると、キラキラ感が大きくなる様に感じる。コンデンサ直結のみだと、あまり低音はカットされない。

これはこれで使えると思う。ダイナミックの多ドラにはいい味付けになると思う。

 

あす、パーツを買い足して、もうすこし色々試しやすくしよう。

今は、文具のクリップとか、、あり合わせのものだけだからな。

でも、予感として。やはり、キャラクターを決めるのはネットワークではなくドライバの選定な様な予感がする。

色々試してみよう。

 

コンデンサや抵抗を試してみると、ダイナミック5.5ミリ4発がとてもとても気持ち良いことが実感される。

もう一度バラして5.5のみで6発でも良いと感じ出した。

ダイナミック多ドラ機は、まだまだ完成しない気がする。

(@ ̄ρ ̄@)