自作備忘録(カスタム IEM 自作)

イヤホン カスタム iem 自作

能登の地震

能登で活動してきた。

1ヶ月半以上経つのに、まだ手付かずの地区も多く、復旧、復興は全く追いついていない。

ニュースは、被災の実態まで辿り着いていない印象が強い。報道見ててもわからない。

被害が一番酷いのは珠洲市。1月1日から時間が止まっているように全く放置されているような地区もあり、気持ちが引き裂かれる様な気がした。

 

そんな中、被災地にやってくる、報道、お役所の偉いさん。

被災地に来るなら、ちゃんと勉強してくるべき。この地区にはどのくらい人が住んでいて、何軒の建物があって、建て替えにはどんな事が問題になるか?そのくらい、過去の災害の記録を見ればスグわかる。何も考えずにくるから、ピントハズレな意見ばかり言って、現場を余計に混乱させて。

災害被災地はどんなことになるかくらい、勉強してから来てほしい。

 

 

f:id:domingo55:20240226124713j:image

手元の悲惨な状況に呆然としながら、ふと遠くに目をやると、富山湾越しに日本アルプスがとても綺麗だった。

こんな景色が目に入らないだろう人がたくさん取り残されている。

今の日本、本当にこれでいいのか。。

ifi GO pod と shure RMCE-TW2

あけましておめでとうございます。

ずいぶんと記事を更新してなかったな。

昇進に伴う移動があり、おいおいってくらい余裕がなかった。(T-T)

もう少しのんびりしたいものだ。

 

久しぶりにオーディオ関係を見直すことにした。

ここしばらく、ケーブルがウザくなり、Bluetoothアダプター的なものを使って聴いていた。

使っていたのはfiioのUTWS3。

まぁ、Bluetoothならこんなもんだろと妥協していたが、不思議となれるもので、使い続けていた。

d( ̄  ̄)

 

f:id:domingo55:20240114003918j:image

そろそろ、新製品も出てるかな?と、軽い気持ちで視聴してみた。

f:id:domingo55:20240114004508j:image

先ずは、ifi audioのgo pod。

最近の製品の中ではダントツに音が良いと評判のもの。

音質は確かになかなか良い。Bluetoothもここまで来たかって感じ。

低音部が強めで、しかも少し緩かチューニングしてあり、そのおかげで低音付近の空間が広く感じられる。

中域から広域にかけても解像度が高く、楽器本来の音量の強弱まで表現されている。コレはコレでなかなか。

ただし、完璧かと言うとそうでもなく、有線で聴く方が断然表現力が高く没頭できる。

Bluetoothとしてはすごく良いけど、そこまでお金をかけるなら有線で良くないか?と感じてしまった。

また、ケースも角ばって大きい。これの持ち運びは少し抵抗があるな。

部屋で静かに聴くなら、これはこれでBluetoothとしては良いと思う。だが、騒音の中で聞くなら、音のメリハリ感が強い方が楽しいと思う。

 

f:id:domingo55:20240114005425j:image

続いてRMCE-TW2。

SHUREらしい音。腹が深く解像度も高い。音が締まっているのに角が柔らかく、音量を上げても聴き疲れが少ない。

GO PODと比べて、細かい音のダイナミクスや前後の奥行き感は少ないものの、外でノリよく使うなら全然アリだと感じた。

 

しばらく、プレーヤーを変えたりしながら聴き比べたが、携帯性を含めた使い勝手と外での楽しさ、有線で聴くことも多い事を考慮して、RMCE-TW2を購入した。

d( ̄  ̄)

 

f:id:domingo55:20240114010105j:image

帰宅後、色々なイヤホンと組み合わせてみたが、dita dreamとの相性が抜群に良く、他のイヤホンでは解像度不足や高音不足、低音の緩さ等を感じてしまった。

つまり、今回私はRMCE-TW2を選んだが、他のイヤホンで評価するなら全く違った印象になっていたかもしれない。

dreamは、とても解像度が高く、低音の締まりもガチガチ。それをうまく緩和しつつ補強してくれてる感じ。

 

まぁ、ケースの作りもいいし、アプリの使い勝手もいい。fiioから大きく音質も向上したので、大満足ではある。

(๑˃̵ᴗ˂̵)

 

そろそろ、イヤホンも新しいの欲しいが、欲しいのは超高いから慎重に行こうと思う。

 

f:id:domingo55:20240114010713j:image

f:id:domingo55:20240114011242j:image

最近の作品。

ガラスかえて、文字盤塗装して、セイコーのエンブレム付けて、革ベルト作った。

後は、いい針があったら交換するくらいかな?

時計に関してはしたい事が大体できるようになってきたと思う。

d( ̄  ̄)

 

 

今年は、もう少し頻繁に記事書きます。

よろしくお願いします。

 

 

 

 

久しぶりに

f:id:domingo55:20231026172556j:image

8月中旬から本当に忙しく、全く余裕がなかった。

よく乗り切れたものだ。

お葬式とかもあったしね。

写真はこの間に手を入れた時計たち。

少しだけ解説したい。

 

f:id:domingo55:20231026172804j:image

先ずは、クロノグラフの針延長。

調子に乗って、時針まで延長した。

なかなか面白い表情でお気に入り。

f:id:domingo55:20231026173002j:image

次にun doneの時計。

文字盤を塗装して、針を変えたところ。

全てのパーツがねじ込みではなく、はめ込み式で、分解には気を使った。

この子はまだまだ発展途上だな。

f:id:domingo55:20231026173218j:image

以前から持ってた時計の文字盤を変えて、風防を変えた。

やっと納得できる感じの格好よかになってきた。

風防がなかなか決まらず、写真の風防は四つ目になる。

f:id:domingo55:20231026173344j:image

このタイプのケースが格好いいと思う。

なので、上の白色のものに加えて二つ目。

こっちはビンテージを狙ってみた。

針は以前から持ってたものだが、夜行塗料を剥がして、塗り直してみた。

まぁまぁかな。もう少しだけ手を入れるかな?

 

忙しい時に、少しだけ時計をいじるのがまぁまぁ、気分転換になってる。

そろそろちゃんと作業したいかな。

 

f:id:domingo55:20231026173642j:image

 

f:id:domingo55:20231026173712j:image

ドラム関係では、スタックシンバルが気に入っている。

写真は口径の違うもの。上のマイネルは16インチのクラッシュを合わせて、下のパイステ12インチと組み合わせて使っている。

16のリズムの中にアクセントをつけたり、なかなか新鮮なリズムにできて、大いにお気に入り。

しばらくはこの構成で遊んでみるかな。

 

f:id:domingo55:20231026174022j:image

相変わらず、宮崎だったり、東京だったり、名古屋だったり。。。

すごい移動ばっかり。

少しお疲れ気味だな。

 

 

お盆(針の延長)

f:id:domingo55:20230816073515j:image

スピードマスター的な造形の時計。

中華製で、SEIKOのVK63を搭載だが、デザイン的に新鮮味がなく使ってなかった。

写真は針だけ大きなものに変えている。

 

f:id:domingo55:20230816073750j:image

f:id:domingo55:20230816073813j:image

針を変えると、かなり表情が変わる。

上の白い針も悪くないが、今回は少しビンテージを狙って下の針にすることにした。

だが、圧倒的に針が短い。d( ̄  ̄)

f:id:domingo55:20230816074046j:image

そこで、針を伸ばすことにした。

使わなくなった秒針を適当な長さにして裏から貼り付けたところ。

段差がついてしまうが、今回は伸ばす長さが長いため目立たないと判断した。

f:id:domingo55:20230816074250j:image

ついだ部分の段差がわかってしまうが、装着するとそんなでもない。

f:id:domingo55:20230816074351j:image

ピカピカの針は黒く見えてしまうので、そのままだと黒い文字盤の上では見えにくい。

艶消し塗料で塗装したところ。銀色になる。

程よくアンティーク感が出たと思う。

f:id:domingo55:20230816074641j:image

全体に軽く色を入れて、針の色とバランスを取ったところ。

針の長さが適正で、色もいい感じ。

(๑˃̵ᴗ˂̵)

f:id:domingo55:20230816074741j:image

風防は、古いSEIKO5用のプラ風防にした。

表面が平坦で、内側がラウンドとなっており、視認性が良いのに個性的な見た目。

めちゃくちゃ格好良くできたと思う。

d( ̄  ̄)

 

f:id:domingo55:20230816075057j:image

コロナが開けて、

久しぶりに、大学の時の同窓会やったり、花火見に行ったり。宮崎駿も見たな。

最後の日はすごい台風だったけど、何事もなくてよかった。

d( ̄  ̄)

 

 

 

 

丸い虹

f:id:domingo55:20230706190405j:image

f:id:domingo55:20230706190633j:image

文字盤を外して、艶消し加工。上の写真が加工前。

ガンプラ用の艶消し塗装。結構落ち着いたいい質感になると思う。色も若干濃くなった。

このクラスの時計のメッキ処理は安っぽいので、いっそ、メッキ感を無くした方が高級感が出ると思う。

f:id:domingo55:20230706190739j:image

風防の交換。

左が交換後。ぷっくりとしたプラ風防にした。

f:id:domingo55:20230706190825j:image

秒針も変えて、まぁこんな感じ。

思ったより落ち着いた感じにできたが、思ったより小さく、半袖の時期には物足りないかも。

スーツではアリかな。

d( ̄  ̄)

 

f:id:domingo55:20230706190955j:image

また出張がヤバい。

週に2回くらい飛行機に乗ってる気がする。。

f:id:domingo55:20230706191046j:image

今回は宮崎。

地鶏南蛮を食べてみた。柔らかくて、でも身はしっかりしてたり。なかなかおいしかった。

特に、お味噌汁が美味しかったな。

f:id:domingo55:20230706191202j:image

宮崎はすでに真夏。

日差しが完全に、真夏のソレだった。

車移動じゃないと、汗だくになる。

f:id:domingo55:20230706191256j:image

そして帰阪。

飛行機では何と、雲の上に「丸い虹」が見えた。

こんなん初めてみた。

きっと、海上で水蒸気が凄かったんだろうな。

d( ̄  ̄)

 

f:id:domingo55:20230706191425j:image

さて。

大阪も暑いや。

早く帰ろう。

 

 

 

 

 

 

コレイルのイヤーピース その優位性について

f:id:domingo55:20230627173820j:image

出典:Pentaconnオフィシャルショップ

 

コレイルのイヤピース。なかなか評判らしい。イヤーピースの中に金属部品が入っている所がこれまでに無い特徴だと言える。

「金属だからすごい」と言われることがあるが、音が変わるのは「金属」だからではなく、「音の出る部分の太さが太い。また、その形状が維持される」からだと確信している。

出口の素材を金属にすると音が変わると考えて、私も散々実験したが、殆ど変化しないと言ってもいい結果となった。それよりは、音の出口の口径が1ミリも変わると音が激変することの効果が大きい。これまでのイヤーピースでは、挿入の圧力で形状が変化していたが、それを金属の硬さで規制してくれる。そういう事だとおもう。

またコレイルの写真を見ると、口径が大きくできるように、ちゃんと工夫されていることがわかる。単純に、口径を広げると耳が痛くなるからね。

d( ̄  ̄)

 

つまり、素材はプラスチックでも何でも、それなりに太いパイプを既存のイヤピースに上手く挿入出来れば、音は、すごく変わる。

情熱の持てる方、やってみてはいかが?

d( ̄  ̄)

(私はカスタムイヤホンで、散々やってきたので、もういいかな。)

 

f:id:domingo55:20230627174218j:image

人生はじめての山口県

湯田温泉に滞在した。お安いお宿にとまったせいもあり、昭和感が半端なかった。

f:id:domingo55:20230627212851j:image

駅でゴボウ天ぷらうどん。

宮崎のものよりは、劣ったが美味しくいただけた。

ちゃっちゃと帰れたのでよかったな。

d( ̄  ̄)

 

 

 

 

 

気分転換の時計

フリマアプリとかを使うと、不動品の時計などは激安で入手できる。

たまに、新しいのを作りたくなってしまう。。

f:id:domingo55:20230626073101j:image

こんなのを買った。

クォーツのクロノグラフ、不動品。

クォーツムーブメントの場合、電池が液漏れを起こしていない限り、電池交換で動く場合がほとんどだと思う。

今回も電池交換で、普通に復活した。

ムーブメントはSEIKOのVD系。

まぁ、中心の秒針が絶えず動く、お安いムーブメント。そのうち変えてみよう。

 

f:id:domingo55:20230626073506j:image

今回のポイントは小ささ。

回転ベゼル付きのクロノグラフでコロンとちっこい質感を狙ってみた。

ベゼル外径は40ミリとけっして小さいサイズではないのだが、つけてみると、すごい差を感じる。

悪くない感じだ。

d( ̄  ̄)

f:id:domingo55:20230626074213j:image

さて、針の交換。

時針、分針、秒針を交換したところ。分針が文字盤周辺のメモリにちゃんと達していないと、安っぽくて許せない。今回は、いい感じの針があったと思う。

秒針の色が悩ましい。少し使ってみてから再度考えてみよう。

 

f:id:domingo55:20230626074604j:image

傷だらけのケースも磨き込んでやった。

ピカピカ。

d( ̄  ̄)

 

f:id:domingo55:20230626074726j:image

さて、ベルトを作ろう。

写真は皮を削いでいるところ。薄く買った部分を折り返して、時計の金具を通す。

f:id:domingo55:20230626075049j:image

この時計のラグ幅は18ミリ。

この時計には18ミリの幅のベルトは細すぎて、馴染まないと思う。

そこで、ベルトを22ミリ幅にして、少し大胆なデザインを入れてみた。

f:id:domingo55:20230626075243j:image

これが大正解で、まったく違和感なくカッコいいと思える。

(๑˃̵ᴗ˂̵)

 

f:id:domingo55:20230626075431j:image

あとは、風防をプラ製の出っ張ったデザインのものに交換したら、取り敢えず完成かな。

 

f:id:domingo55:20230626075528j:image

実家に帰ってきた。

ちょうどシーズンなので、ホタルを見に行ってみた。

山深い沢。真っ暗すぎて怖かったが、20匹くらいのホタルが乱舞しており、凄かった。

(色々苦労したが、スマホでは撮れなかった)

イノシシとか、猿とか、くまとか出てきたら面倒なので、早めに撤収した。いやいやマジで、怖いって。。。

d( ̄  ̄)