自作備忘録(カスタム IEM 自作)

イヤホン カスタム iem 自作

BAドライバ考⑦

f:id:domingo55:20210911124650j:image

これまでに作ったBA機たちの中で解体せずに残っているもの。

右からフルレンジ1発、フルレンジ2発、フルレンジ4発、マルチ4発、マルチ10発。

過去には他にも色々作っていたが、解体してしまった。。

ここでは「マルチ=色んな種類のBAドライバを使うこと」と定義する。

 

 

 

聴き比べると、イヤホン毎に意外なほど音に差があり、それぞれについて悪くない感じがあることに驚いた。

また、ドライバの挿入深さにより、音のダイレクト感がすごく変わる事もわかった。

 

 

写真右から感想を述べたい。

高域〜低域のバランスはどうにでもなるので、好みの状態にチューニングしている。

ここではそれ以外の部分を主に述べたい。

 

①マルチ1発

少し前にx10を使って組んだもの。

ドライバの位置がカナル先端部から少し離れているため、音が少し遠い(と言っても一般的なイヤホンのレベル)。

音が遠いため、解像度が少し低くても違和感を感じない柔らかさとなっている。

落ち着いてのんびり聴くには良い感じだと思う。

 

②マルチ2発

マルチ1発に比べて音数が多く、解像度もグッと上がる。カナル先端部に配置したため、音が近く、細かな音の表現がとてもよくわかる。

だが、音が近く、よくわかるゆえに、BAドライバ特有の音の輪郭が若干濁る感じもわかってしまう。

良いんだけど、ちょっと不満。

 

③マルチ4発

マルチ2発に比べて、断然音数が増えていい感じ。カナル先端部に配置しているため、音が近く、めちゃ分析的に音を探せる。

また、音が近いため、ノリの良い曲などでもテンションがあがってしまう。

一つの完成形だと思えるくらい。。。

音が近いと、dap のボリュームを小さくしてしまう。他のイヤホンと同じ音量で聴くと早く疲れてしまうかな。。。つまり、音の遠いイヤホンでdap の音量を上げると似たような効果が得られるように勘違いしそうだが、音のダイレクト感とか、曇りのなさも考慮してほしい。

 

 

④マルチ4発

マルチにすると、低音用のドライバを使うわけだが、これがなかなか大きくて、カナル先端部への配置がほぼ無理になる。

そこで、鼓膜から距離を置いて配置するわけだが、このことによって音が遠くなる。

過不足ない解像度、表現力なのだが、良いのだが、、なにか、特別感が無いな。

空間の広さや音像の明確さを考えると、ダイナミック機の方が良いかも。。。となる。

 

⑤マルチ10発

マルチ4発よりいろいろ良いのだが、明瞭さがイマイチだと思う。

良いんだけど、なにか、不自然な音だと感じてしまう。。。

 

というわけで、BA型の利点としては、細かに近く配置できることで得られるダイレクト感が挙げられると思う。

 

f:id:domingo55:20210911220717j:image

 

さて、次はこれをやってみよう。

どうなるかな??

d( ̄  ̄)

 

 

 

 

 

BAドライバ考⑥ フルレンジ4発

f:id:domingo55:20210909074721j:image

フルレンジドライバ RAB32257を4発使ったカスタムが完成した。

(下記は、sp1000での感想となる。例えばiPhone等他のプレーヤーで聴くと全く違う聞こえ方になるので留意されたい。)

 

①ダイレクト感(曇りのなさ)

カナル出口付近にドライバを配置し、音導管を極限まで太く、またネットワーク的なものも入れてないので、曇りのないダイレクト感がしっかり出せたと思う。試しにdita dreamと比較してみたが、ダイレクト感については、同程度の水準にあると思う(若干、dreamの方が高いけどね。)。

 

高音用や低音用のBAドライバを使用した場合、音の輪郭が若干緩くなるが、それが全く感じられない。同種のドライバを同じ挿入深さで使用するのは正解だった。

そもそも、ドライバの挿入深さは音の鮮度にめちゃ影響する。3ミリも深さが違うと大違いだと思う。これは、高音〜低音のバランスが変わるというのではなく、音のピントが合わせられなくなるという事。

BA多ドラ機の音が総じて悪いという気は全くないが、ドライバの位置やネットワークの有無で起こりえる現象として認識しておきたい。

 

②帯域間のバランス

低音〜高音まで全く不足なく、変な偏りなく出ている。

4発のフルレンジを使ったため、中域がピーキーになるかもしれないと心配したが、全くそんなことはなく、低音や高音も充分。

特に低音は322572発の時より押し出しが強くなり、普段ダイナミックドライバしか使わない私でも充分満足できる。dreamとの比較では、dreamの方が低音の音が充満しており空間が濃密になる感じ。

BA4発も全く、ダイナミックに負けない。むしろこっちの方が良いかもしれないと思うこともある。

RAB32257はとても優秀だと感じた。

 

高音用や低音用等、他の種類のBAを使うのは、音のキャラクターを大幅に変更したい場合に限られるんだろうと思う。

 

③細かな音

細かな音の再生能力は、BA4発機もまだdreamに敵わないと思う。多分、アーマキュアで叩く構造上、基本的にBA機は細かな音を全て出すのには適していないのだと思う。

 

ダイナミクス

BA4発では、音の大小の表現能力が素晴らしいと思う。

例えばピアノソロなどで、小さい音量を使う場合、ダイナミックドライバに比べより「小さく」聞こえる。大きい音量の音には大差ない。

これはかなり優れた性能だとおもうが、小さい音が小さく聴こえると、曲のダイナミクスの変動がより楽しめるようになる。

 

⑤空間

多分、めちゃ広い部類に入るのだと思うが、dreamや他のダイナミック機と比べてあまり差を感じない。というか、空間の広さなんてどうでも良い感じがしてちゃんと聴いていない。

(でもやはり、天井は低いかな。)

 

 

まとめ

BA機はダイナミック機以上に、再生機器で音が変わってしまうと思う(BAドライバ考④でカリクスさんと実感した)。微妙に変わるのではなく、誰でも瞬間的に笑っちゃうくらい変わることがある。

その点に留意しつつ。。。

 

BAドライバの特性を整理する

・音が柔らかい。

・音は細かい。

・単発では微細な音は出してくれない。

・小さい音量の音を小さい音量で再生してくれる。

 

特に、最後の小さい音を小さく出してくれる能力は素晴らしく、これがわかったことを最大の成果としたい。

 

BAドライバ、もう少しやっても良いな。

でも、次はどうする??d( ̄  ̄)

 

 

 

 

 

BAドライバ考⑤

f:id:domingo55:20210906163128j:image

フルレンジドライバを片耳2発では、ダイレクトな音は出ていたと思うが、音の輪郭のボヤケがどうしても気になった。

そこで、knowles RAB32257を片側4発使って組むことにした。

できるだけ鼓膜の近く、カナルの先端部に配置することを考えると限界の台数だと思う。

 

f:id:domingo55:20210906163351j:image

RAB32257には、黒いシールがはってあり、上記取説(4番の注意書き)には、「性能を出す為には、ダンパー面は、クリーンに保て」と書いてある。

 

f:id:domingo55:20210906171604j:image

確かに、黒いシールを剥がしたところには、小さーーい穴があいている。

気づかずにレジンが付着しないようにする必要がある。

f:id:domingo55:20210906210342j:image

こんな感じでレジンで固定。

f:id:domingo55:20210906210404j:image

音導管は、限界まで太くしながら、ビニールチューブは後で引き抜いてやる。このあと、配線を着けるのがかなり面倒だったが、まぁ、失敗せずにできた。

d( ̄  ̄)

 

f:id:domingo55:20210906210445j:image

レジンで固定した。

かなりカナル部の先端に追い込めたと思う。

当然、耳穴の太さよりドライバ外径の方が太い部分があったので、シェルを削ったり、何度も耳に出し入れしたり。。。。

d( ̄  ̄)

 

さて出音である。

音出しの瞬間からかなり驚いた。

かなりいい。

高音から低音までのバランスは、申し分なし。RAB32257単発の時より、上も下も力強く出ている。

解像度も申し分ない。椅子のキシミまで明瞭に聞こえる。

音の輪郭の曖昧さもない。鋭い。

空間は広いのだが、単発とさほど変わらない。

 

ダイナミックドライバの「濃密」さとは全く違った濃さがある。一音一音は、さっぱりしているのだが、音数の多さ、表現力の確かさはなかなかのものだと思う。

 

陳腐な表現だが、「聴き慣れた曲が違って聴こえる」。ホントに新鮮に音楽を楽しめた。

dita dreamカスタムと使い分けが楽しい感じ。かなーーーり、いい感じだと思う。

d( ̄  ̄)

 

まだ、フェイスプレートつけたり、チューニングを進めたりする必要があるが、のんびり大切に育てたいと思う。

大正解だったな。

 

 

 

BAドライバ考④

f:id:domingo55:20210905212552j:image

コロナ禍なので、ソーシャルディスタンスを保ちつつ、さらに極めて短時間だったが、カリクスさんにお会いした。

今回は、主にカリクスさんの作品を聞かせてもらった。

 

カリクスさんは、BAの人。様々な工夫でBA多ドラ機を使っておられる。

これまでも何度か聞かせてもらっていたが、今回の作品はなかなか凄かった。

6BA機だったが、耳に入れた瞬間、グワッと音が前後上下左右に展開する感覚が凄かった。

BAドライバでこの感じを聴くのは初めてかもしれない。当然、高域〜低域までが不足なく表現されて、音の不自然さも無かった。

 

お会いする前に、EイヤでBA多ドラ機を幾つか聞いていったが、明らかにそれらとは違う次元で鳴っていた。

ネットワークも極めると、結構ちゃんと音が出るのかと、カリクスさんの工夫に驚いた感じ。

 

そこで、私の作品と聴き比べた。

音の広がりはdita dreamとほぼ同等。低音の沈み込みはさすがにダイナミックドライバの方が優れていた。

あと、音の輪郭の描き方が随分と違うと感じた。BA機の方が線が細いのに加えて、若干輪郭がぼやけるというか、ダイレクト感が乏しいかなと感じた。だがそれは聞いていて楽しくないという意味では決してない。心地よい感じは充分にある。

 

例えば、キンキンにダイレクト感や解像度が高いイヤホンは、音の面白さを感じるのには優れているが、疲れている時などすぐしんどくなってしまう。新幹線での移動時など数時間聴き続けることを考えると、程よく緩い方が楽しく聞き続けられる。

d( ̄  ̄)

 

他にも、ビックリするような気づきが沢山あったのだが、それの記載はカリクスさんに譲るとして。。。

楽しい時間だった。ありがとうございました。

(๑˃̵ᴗ˂̵)

 

 

 

 

BAドライバ考③

f:id:domingo55:20210901230743j:image

knowlesのrab32257×2発機。

磨きを入れて、チューニングを詰めてみた。

 

高域〜低域までかなり満足できるくらいのバランスで鳴らすことができるが、チューニングの幅が狭めで、ピンポイントを外すと途端につまらない音になる。

だが、ピントが合うとなかなか気持ちがいい。これ以上の多ドラ化が不必要に思えるほど、高級機に負けない音だと思う。

ただし、BA独特の味は残る。これは決して悪い意味ではなく、ダイナミックドライバとは違う味という意味。音の角が若干丸く、キンキンと攻めた音にはならない。このため、音数の多いアニソンなどでは、音が団子になる部分がある。

また、空間がダイナミックドライバのように広大にはならないのだが、必要な空間は確保されている感じ。前後の空間が狭いのかな?

一方で、音の粒は細かく独立していて、音源によってはかなりスッキリ聴ける。このスッキリ感はダイナミックとは根本的に違う味だと思う。

低音が豊かという意味ではなく、中域〜高域にかけても濃密で鮮明なダイナミックドライバに対し、音の角が柔らかくもスッキリしたBA機という感想かな。

 

濃密な音ばかりでは飽きてしまう。スッキリ聴く良さもある。などと考えつつ。

もう少し攻めた構成のイヤホンも検討してみたいと思う。

 

(あ。上記の感想はsp1000で聞いた場合。iPhone

Bluetooth接続で聴くと、普通に良くなかったた。。。)

 

 

 

さて、BAも組み方によっては、なかなかだと思えるようになってきたぞ。d( ̄  ̄)

BAドライバ考②

f:id:domingo55:20210831193521j:image

これまで、多ドラ機はそれなりに作ってきた。

写真は10発機と、4発。

結局ほとんど聴いていない。ダイナミック機の方が魅力が多いと感じてしまう。

理由は、音の不自然さ。取立てて悪いというわけでは無いのだが、ダイナミック機と比べるとイマイチ繋がりが悪いというか、不自然さを感じてしまう。

 

色々な帯域のドライバを組み合わせているせいだと思うが、そもそも、そんなに色んな種類を組み合わせなくとも、フルレンジだけで低音も高音もチューニング次第でいくらでも出せると思う。

 

f:id:domingo55:20210831193112j:image

knowlesのrab32257と、

JH audioアンジーから外したドライバ。

共にフルレンジだと思う。

32257は、2台をくっつけて使いやすくしている。

32257は、良い音と評判が高く、単体で聞いてもなかなか良い。ただし、BAドライバ特有のクセはやはりあると思う。

 

そこで、フルレンジのみのBAで複数を投入することで音質がどう変わるかを考えたい。

 

f:id:domingo55:20210831194041j:image

使った材料。

32257をダブルで使う。

 

f:id:domingo55:20210831194325j:image

JHのドライバも使用して4発にしたかったが、カナルの太さの関係で2発しか入らなかった。

カナル先端部から距離を空けると4発も入るのだが、ドライバの数より、挿入深さの方が重要だと思う。

 

f:id:domingo55:20210831194517j:image

丸い金属部品を使ったため、まるでハイブリッド機のように見えるが、単純にBA2発。

丸い金属部品は、分解や調整の利便性のためにつけた(つまり、分解前提)。

 

組み込みの留意点は、

ドライバの挿入深さを限界まで深くすること。

シェルは適度に重くして制振を効かせること。

音導管も限界まで太く。

 

f:id:domingo55:20210831194948j:image

 

さて、出音である。

BA2発は、明らかに音のエッジが鋭くなり、細かな音も少し聴こえるようになる。但し、まだそんなにたくさん聴こえるわけでは無い。

高音量も低音量も単発に比べて多くなっている。

特に低音はBA機を感じさせないくらい豊かに出る。但し、ダイナミックドライバで言うと5ミリクラスかな。10ミリオーバーのダイナミックドライバのように、低いところまでドスンと出るわけではない。

また、音のつながりが大変スムーズ。色んな種類のBAを使った時の違和感は全くなく、ただスムーズに音が出る。これは音楽を聴くのに大変適しているともう。

d( ̄  ̄)

 

フルレンジ2発機は、かなり良い音だと断言できるが、かと言って、ダイナミックドライバの名器を超える音が出ているかというと、物足りない。

まだ、足りない情報がありそうで、良い音なのだが刺激がまだ足りない。

 

対してcometを聴く。

鮮明な音だったり、全てが聞こえる音だったりという次元ではない所で、大変気持ち良い空間を描いてくれている。

これはこれで、大変アリ。こういう世界も素晴らしいと思う。

 

しかし、フルレンジばかりのBAドライバをもっと増やせばどんな音になるのか。もう少し試してみようと思う。

 

〜つづく〜

 

 

 

追伸。

カスタムシェルに、0.3ミリ程度の音抜き穴を開けると、空間の伸びがかなり改善された。ダイナミックドライバと同じだな。

d( ̄  ̄)

 

 

 

 

 

BAドライバ考①

f:id:domingo55:20210830205509j:image

cometが届いた。

製品のクオリティも問題無し。付属品も全部ついてた。

初めてCamp fireだが、品質には満足。ケースの作りも気に入った。これなら使って良いかな。

 

さて、出音である。

いやー、めちゃくちゃ良いな。私のプレーヤーと聴く音楽の傾向では、出音1発目から感動できる。

緩めの低音が心地よく、絶妙だと感じられた。もちろん、他の音が不足したり埋もれたりすることは無い。特別に解像度や空間が素晴らしいわけではないのだが、このイヤホンにしかない緩さがあり、音楽への没頭感がすごいと思う。

試しにバランス接続なども試してみたが、低音が締まってしまって、逆にこのイヤホンの良さをスポイルしているように感じてしまった。

ノーマルケーブルで使うのが良い感じだ。

 

また、この子はカスタム化しないと思う。カリカリにチューニングしても、他のイヤホンに勝てないと思うし、それよりノーマルの雰囲気を楽しみたい。

久しぶりのイヤーピースイヤホンになりそうだ。

d( ̄  ̄)

 

 

 

ところで、BAドライバは、例えるならバチで太鼓を叩くような仕組みで音が出るものだと捉えている。

瞬間的な細かい音の連続としてハーモニーが出ているので、余分な響きがキャンセルされる。また、打撃音から音が構成されるので、メリハリのついた音になる。

f:id:domingo55:20210830211606j:image

例えば、チックコリアとヒロミのデュエットアルバム。Windowsという曲。ライブを録音してあるので、冒頭から客席の椅子のキシム音などの雑音が高音質で録音されまくっている。

高解像度のダイナミックドライバ機では、この椅子のキシム音が結構な音量で鮮明に聴こえる。

一方で、BA単発機になると、あまり聴こえない。だが、音楽として何かが欠落しているわけでは無いと思う。

 

バチで太鼓を叩く場合、必ず打面からバチが離れる瞬間が発生する。その時の情報が欠落する。ダイナミック機が連続音を出せるのに対して、BAドライバについては、そんなイメージで音を聴くとなんとなく納得できる。

鮮明さが失われるわけでは無いが、部分的に細かな音が出ていない。そんな感じ。

d( ̄  ̄)

 

そこで、太鼓を叩くバチを倍にしたら音はどうなるのか?打面からバチが離れる時間が少なくなるはずなので、欠落する情報は減るのではないか?

シングルBAが、アーマチュアが一本だとすると、BAを倍にすると、アーマチュアが2本になる。音の鮮明さはどう変わるのか?

 

試したくなった。

〜つづく〜